@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

露草【ツユクサ】

デジタル大辞泉

つゆ‐くさ【露草】
ツユクサ科の一年草。道端に生え、高さ15~50センチ。葉は長卵形で、基部は鞘(さや)となって茎を囲む。夏、二つ折りの(ほう)に包まれた青い花をつける。花びらは3枚あるが、1枚は小さい。古くは花の汁を摺(す)り染めに使用。ぼうしばな。かまつか。あおばな。あいばな。つきくさ。うつしぐさ。 秋》「―の露ひびきあふ岬の家/白葉女」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

露草 (ツユクサ)
学名:Commelina communis var.communis
植物。ツユクサ科の一年草,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

露草 (ツユクサ)
植物。ユリ科の多年草,園芸植物,薬用植物。ナルコユリの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つゆ‐くさ【露草】
〘名〙
① ツユクサ科の一年草。各地のやや湿った路傍や小川の縁に群がって生える。高さ一五~三〇センチメートル。茎は分枝し、下部は地にはう。葉は長さ五~七センチメートルの卵状披針形で、基部は鞘となって茎を抱く。夏、たたんだ編笠状の苞葉から突き出た青紫色の二花被が見えるが、これは花序の中の一つの花である。花は一日でしおれる。和名は、露を帯びた草の意で、古くは「つきくさ」といい、摺染(すりぞめ)や青花紙に用いた。漢名、鴨跖草。ぼうしばな。あおばな。あいばな。はなだばな。うつしぐさ。ほたるぐさ。《季・秋》
※宇津保(970‐999頃)国譲下「御ともの人は、うすいろのあを、つゆくさしてとほやまにすれり」
② 植物「なるこゆり(鳴子百合)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
※延喜式(927)一五「鴨頭草木綿廿枚」
④ 露。また、露の置いた草。
※浮世草子・好色二代男(1684)六「夢虫の命惜まれ、朱骨(しゅぼね)の地紙に取うつし。露草(クサ)をそそぎ、次第によはるをなげき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

露草」の用語解説はコトバンクが提供しています。

露草の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation