@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

青かび病(トウモロコシ)

飼料作物病害図鑑

青かび病(トウモロコシ)
穂をかびさせる糸状菌病。穂に発生し、子実や穂軸に灰緑色のかびを生じる。子実では種皮にとどまることが多いが、まれにも侵される。圃場ですでに発生し、貯蔵中に広がることが多い。また、種子伝染し、播種後種子が土壌中で青かびに覆われ、苗立枯を起こすこともある。病原菌自体の感染力は弱く、害虫の食痕などから発生することが多い。

出典:畜産草地研究所

青かび病(トウモロコシ)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青かび病(トウモロコシ)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation