@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

青は藍より出でて藍より青し【アオハアイヨリイデテアイヨリアオシ】

デジタル大辞泉

青(あお)は藍(あい)より出(い)でて藍(あい)より青(あお)し
《「荀子勧学から》青色染料からとるが、それはもとの藍草よりももっと青い弟子が師よりもすぐれていることのたとえ。出藍(しゅつらん)の誉れ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あお【青】 は 藍(あい)より出(い)でて藍(あい)より青(あお)
(「荀子‐勧学」の「学不以已、取之於藍、而青於藍、冰水為之而寒於水」から出た語。青色の染料は藍から取るが、原料の藍よりも青いの意から) 教えを受けた人が教えた人より優れること。弟子が師よりまさっていることにいう。藍より出でて藍より青し。出藍(しゅつらん)の誉。氷は水より出でて水より寒し。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ことわざを知る辞典

青は藍より出でて藍より青し
弟子が師よりまさっていることのたとえ。

[使用例] 門下の才媛たちの間で、「あいよりあおし」と定評されていたのは花圃であり、その花圃と並んでその才幹を着目されているのが一葉であった[宮本百合子*婦人と文学|1948]

[解説] 青色の染料は、藍という植物から採取し、その色は原料の藍よりも青いところからいわれます。「荀子―勧学」にあることばから。「しゅつらんほまれ」とも。

出典:ことわざを知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青は藍より出でて藍より青し」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青は藍より出でて藍より青しの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation