@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

青ひげ公の城

デジタル大辞泉プラス

青ひげ公の城
ハンガリーの作曲家バルトーク・ベラのハンガリー語による全1幕のオペラ(1918)。原題《A Kékszakállú herceg vára》。17世紀フランスの詩人シャルル・ペロー童話青ひげ』にまつわる伝説題材にした作品。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青ひげ公の城
日本の演劇作品。作・演出寺山修司、音楽:J・A・シーザーによる魔術音楽劇として、1979年、演劇実験室◎天井桟敷が東京・渋谷の西武劇場で初演。バルトークの同名オペラ作品をモチーフとする。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あおひげこうのしろ〔あをひげコウのしろ〕【青ひげ公の城】
《原題、〈ハンガリーA kékszakállú herceg váraバルトーク作曲のハンガリー語によるオペラ。全1幕。1918年初演。台本バラージュ=ベーラ。ペローの童話「青髯」などに描かれた、青ひげ伝説に基づく。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

青ひげ公の城
あおひげこうのしろ
A Kékszakàllú Herceg Vára

バルトークの唯一のオペラ。1911年作曲。青ひげ伝説をもとにしたハンガリーの文学者バラージュの台本による一幕物。男の複雑冷酷な心理と、女の好奇心に満ちたひたむきな愛――両者の葛藤(かっとう)を、青ひげ公と彼の妻ユーデットとの対話で描いている。初期の作品だけに象徴主義の影響が強く、世紀末音楽の手法も多く取り入れたバルトークとしては珍しい作品。1918年ブダペスト初演。日本での初演(演奏会形式)は1957年(昭和32)日本交響楽団(現NHK交響楽団)によって行われた。

[三宅幸夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青ひげ公の城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青ひげ公の城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation