@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

青山【あおやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

青山
あおやま
三重県北西部,伊賀市南部の旧町域。上野盆地南東端から布引山地西斜面に広がる。 1955年阿保 (あお) 町,上津村,種生 (たなお) 村,矢持村が合体して町制。 2004年上野市,伊賀町,島ヶ原村,阿山町,大山田村と合体して伊賀市となった。中心地区の阿保は,近世初瀬街道 (現国道 165号線) の宿駅として知られた。主産業は農林業,製材業,伊賀肉生産の畜産業。大阪方面への通勤圏内にあるため住宅地化が進んでいる。近畿日本鉄道大阪線の西青駅は青山高原への登山口で,観光開発にも力を入れている。大村神社の宝殿をはじめ,国の重要文化財を有する古社寺があり,東部の山岳地帯は,室生赤目青山国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青山
あおやま
東京都港区北西部の地区。地名は,徳川家康の小姓青山忠成が土地を拝領したことに由来大山街道に沿って武家屋敷社寺があったところ。明治以後練兵場,兵営など軍関係施設が多かった。現在は都心の高級住宅街,商業地。東京地下鉄銀座線,半蔵門線,千代田線および都営地下鉄大江戸線が交差し,高層ビルが林立するオフィス街にもなっている。北部には明治神宮外苑テニスコート,ラグビー場などがあり,東部には根津美術館青山霊園がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あお‐やま〔あを‐〕【青山】
草木が青々と茂っている山。青嶺(あおね)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あおやま【青山】[地名]
東京都港区の地名。江戸初期、青山常陸介(ひたちのすけ)忠成の屋敷があった。南部青山霊園がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あおやま【青山】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐ざん【青山】

樹木が青々と茂っている山。
蘇軾「授獄卒梁成以遺子由」の一節「青山にむべし」から》人がんで骨を埋める土地。墳墓の地。死に場所。「人間到(いた)る所青山あり」
琵琶の名器の名。平安前期、藤原貞敏から持ち帰ったものという。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

青山 せいざん
?-? 江戸時代中期の陶工。
京都清水(きよみず)風の染め付けの菓子鉢,花瓶などの雑器に青山の銘印がみえる。明和(1764-72)ごろの作という。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あおやま【青山】
東京都港区西部から渋谷区東部へかけての地区名。旧赤坂区の一部。武蔵野(山手)洪積台地の一部で,標高20~30mの台地を多くの谷が刻んでいる。江戸市街地の外縁部に当たり,大名下屋敷,武家屋敷が多かった。明治以後,これらの広い屋敷の敷地を利用して,高級住宅地が発達した。青山大膳亮の下屋敷跡地は,1872年(明治5)日本で最初の公営墓地青山霊園(約30万m2)となった。第2次世界大戦中に大部分戦災を受けたが,高級マンションの多い住宅地として再生した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

あお‐やま あを‥【青山】
[1] 〘名〙
① 草木が青々と茂っている山。
※古事記(712)上・歌謡「引(ひ)こづらひ 我が立たせれば 阿遠夜麻(アヲヤマ)に 鵼(ぬえ)は鳴きぬ さ野つ鳥 雉(きぎし)は響(とよ)む」
※若菜集(1897)〈島崎藤村〉秋風の歌「ふりさけ見れば青山(アヲヤマ)も 色はもみぢに染めかへて」
② 祝儀などで用いる細工蒲鉾(かまぼこ)の一種。
[2] 東京都港区北部の山手台地上の地名。中世から大山街道が通り、青山の宿があって発展。江戸初期、青山忠成がこの地帯を徳川家康から拝領したため呼ばれた。東宮御所、明治神宮外苑がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あおやま あをやま【青山】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐ざん【青山】
[1] 〘名〙
① 樹木などが生い茂って青々としている山。青嶂(せいしょう)。青峰。
※菅家文草(900頃)四・遊覧偶吟「鳥出樊籠翅不傷、青山碧海任低
※太平記(14C後)二八「松柏影を浸して、青山も動くが如く、石岩流れを徹(とほ)して、白雪の翻るに相似たり」 〔李白‐送友人詩〕
② 骨を埋める土地。墳墓の地。
※清狂遺稿(1892)〈釈月性〉上・将東遊題壁詩「埋骨何期墳墓地、人間到処有青山」 〔蘇軾‐授獄卒梁成以遺子由詩〕
[2] 琵琶(びわ)の名。中国、唐から伝来した名器で、平経正が琵琶の名手であったので、仁和寺の守覚法親王から一時下賜されたという。
※平家(13C前)七「三曲を伝へて帰朝せしに、玄象・師子丸・青山、三面の琵琶を相伝してわたりけるが」
[補注]((一)②について) 本来木の茂った山のことであるが、挙例の蘇軾の詩、ひいて清狂の作から墓地、死に場所のことと解せられることになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation