@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

青岸渡寺【せいがんとじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

青岸渡寺
せいがんとじ
和歌山県南東部那智勝浦町にある天台宗の寺。山号は那智山裸形上人の創建花山天皇によって西国三十三所の第1番札所とされた。本尊は『如意輪観音』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいがんと‐じ【青岸渡寺】
和歌山県東牟婁(ひがしむろ)郡那智勝浦町にある天台宗の寺。山号は那智山。仁徳天皇の時、インド僧裸形上人の創建と伝える。西国三十三所第一番札所。平成16年(2004)「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として世界遺産文化遺産)に登録された。那智の観音

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

青岸渡(せいがんと)寺
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある寺院。天台宗。山号は那智山。本尊は如意輪観音。本堂(如意輪堂)は国の重要文化財。西国三十三所第1番札所。「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部としてユネスコの世界文化遺産に登録。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいがんとじ【青岸渡寺】
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある天台宗の寺。山号は那智山。熊野那智大社(熊野大社)に隣接する。西国三十三所観音霊場の第1番札所。明治維新前は如意輪堂と称し,熊野那智権現の供僧寺であった。仁徳天皇の時代,那智山を開いた裸行(裸形)上人が,如意輪観音を安置して開基となったと伝え,《塵添壒囊抄》によれば,1150年(久安6)には桁行7間,梁行10間の堂であった。また《寺門高僧記》巻六に載る61年(応保1)の三十三所巡礼記には,如意輪堂を第1番の札所と記している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

青岸渡寺
せいがんとじ

和歌山県東牟婁(ひがしむろ)郡那智勝浦(なちかつうら)町にある天台宗の寺。那智山と号する。本尊は如意輪観世音菩薩(にょいりんかんぜおんぼさつ)。通称那智観音(かんのん)とよばれる。西国(さいごく)三十三所第一番札所。寺伝によれば、仁徳(にんとく)天皇の代、熊野浦に漂着したインド僧裸形上人(らぎょうしょうにん)が那智大滝において観世音菩薩を感得し、現本堂の地に庵(いおり)を結び如意輪堂と称したのを開基とする。推古(すいこ)天皇(在位592~628)の代には大和(やまと)聖生仏(ひじりしょうぶつ)上人が参籠(さんろう)し、玉椿(たまつばき)の大木に如意輪観世音を彫刻して前の観音像を胎内に納めたという。以後、役行者(えんのぎょうじゃ)、最澄、空海、円珍、叡豪(えいごう)、範俊(はんしゅん)らの高僧が相次ぎ参籠し、のちにこの仏徳の師に裸形上人を加えて那智七先徳と称する。那智山は神仏習合の修験(しゅげん)道場として時代とともに隆盛を極め、最盛時に七堂伽藍(がらん)、子院36坊を有したという。本宮(阿弥陀(あみだ))、新宮(薬師)、那智(観音)の熊野三山は、現世と未来の二世にわたる信仰の対象となり、貴賤(きせん)を問わぬ多くの参詣(さんけい)者により「蟻(あり)の熊野詣(くまのもう)で」といわれた。皇室の尊崇も深く、なかでも花山(かざん)法皇は988年(永延2)、山中の二の滝前に庵をつくり円成(えんじょう)寺と号して3年間参籠した。織田信長の兵火で堂は焼失したが、豊臣(とよとみ)秀吉によって1587年(天正15)再建されたのが現本堂(如意輪堂、国重要文化財)である。明治期の神仏分離で廃寺となるが、1874年(明治7)に復興し、翌年天台宗比叡山延暦(ひえいざんえんりゃく)寺末となる。元亨(げんこう)2年(1322)銘の宝篋印塔(ほうきょういんとう)、1918年(大正7)に那智山経塚から発掘された金銅仏像八体が国重要文化財に指定されるほか、元亨4年銘の梵鐘(ぼんしょう)、秀吉寄進の大鰐口(わにぐち)など多くの寺宝を有する。

[中山清田]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいがんと‐じ【青岸渡寺】
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある天台宗の寺。山号は那智山。仁徳天皇のとき裸形(らぎょう)上人が那智の滝壺から如意輪観音像を感得し、草堂に安置したのに始まる。推古天皇のとき生仏上人が伽藍を建立し、胎内に感得の観音像をおさめた如意輪観音像を造り本尊とした。天正九年(一五八一)織田信長のため焼かれたが、豊臣秀吉の命をうけて羽柴秀長が再興した。明治初年の神仏分離により如意輪堂も廃されたが、同七年(一八七四)本堂として復興。西国三十三所の第一番札所。那智の観音。那智観音堂。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青岸渡寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青岸渡寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation