@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

青年イタリア【せいねんイタリア】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

青年イタリア
せいねんイタリア
Giovine Italia
イタリアのリソルジメント運動で大きな役割を果した秘密結社。 1831年秋 G.マッツィーニが亡命先のマルセイユ結成。従来のカルボナリ結社克服を目指し,組織論としては複雑な位階制を廃した行動団体的形態をとり,運動論としては小部隊による反乱方式,つまりゲリラ戦を採用した。思想的には共和主義の立場に立ち,共和制統一国家の樹立を運動の目標とした。 33年以来主として北イタリアで何度か蜂起を試みたが,すべて失敗に終った。 34年青年イタリアの国際組織として青年ヨーロッパ党を結成したが,これは数年で解体。その後マッツィーニは労働運動の力に注目するようになり,41年青年イタリアの一部門としてイタリア労働者連合を設立した。これらの組織は 48年革命の最中に別個の組織として編成替えされた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

青年イタリア
1831年、イタリアの革命家マッツィーニが亡命先のマルセイユで立ち上げた政治結社。イタリア統一と共和制実現を目標とし、小規模な武力蜂起を繰り返した。1848年解散。「青年イタリア党」ともする。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいねんイタリア【青年イタリア Giovine Italia】
リソルジメント期のイタリアの政治結社。1831年マッツィーニが亡命地マルセイユで創設。イタリアの統一と共和制の実現を目標にかかげ,蜂起と宣伝活動を重視した。結社名は旧世代の運動への不信を表しており,カルボナリ党的な秘密結社方式の克服を目ざした。創設とともにイタリア国内にも急速に浸透し,地下出版物も多くもちこまれた。34年2月のサボイア蜂起計画の準備過程で,ヨーロッパにおける革命運動の主導権をとるのはイタリアかフランスかをめぐってブオナローティ派の組織と対立した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

青年イタリア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青年イタリアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation