@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

青年トルコ革命【せいねんトルコかくめい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

青年トルコ革命
せいねんトルコかくめい
オスマン帝国末期の立憲革命。アブドゥル・ハミト2世専制政治を打倒し,第1次メシュルティエト期の憲法の再発布と議会の再開とを要求する「青年トルコ」運動は,青年将校,学生,知識人を主体とした秘密結社「統一と進歩委員会」を中心に展開された。1908年7月,この運動の拠点セサロニキでアフマド・ニヤジ,エンベルら青年将校が武装蜂起すると,アブドゥル・ハミト2世は憲法復活と議会の再開を宣言した。1908年以後「青年トルコ」政府内部の権力闘争に勝ったエンベル・パシャジェマール・パシャタラート・パシャらの汎トルコ主義・親ドイツ政策は,これを利用したドイツとの提携を深め,第1次世界大戦では枢軸国側に加わってオスマン帝国を破滅に導いた。しかし,この時代に展開された民族主義的経済・社会政策は第1次世界大戦後のトルコ革命によって引き継がれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青年トルコ革命」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青年トルコ革命の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation