@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

青木研蔵【あおき けんぞう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

青木研蔵 あおき-けんぞう
1815-1870 江戸後期-明治時代の医師。
文化12年生まれ。青木周弼(しゅうすけ)の弟。広瀬淡窓儒学を,宇田川玄真に蘭医学をまなぶ。長門(ながと)(山口県)(はぎ)の西洋書翻訳掛,侍医などをつとめる。長崎から痘苗をもちかえり,藩内ではじめて種痘を実施した。明治2年宮内省大典医。明治3年9月8日死去。56歳。周防(すおう)(山口県)出身。名は邦彦。字(あざな)は子祐。号は秋渓。通称ははじめ吉次郎。訳書に「医理学源」(共訳)など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

青木研蔵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青木研蔵の関連情報

関連キーワード

フランス史(年表)グリム(兄弟)ラ・ファリーナオブレノビチ家ミロシュ・オブレノビチナポレオン戦争史(年表)ナポレオン黒川良安おもなお雇い外国人日本の医学史(年表)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation