@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

青本【あおほん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

青本
あおほん
江戸時代中期に刊行された草双紙一種延享安永 (1744~81) 頃に流行赤本のあとをうけたもので,赤本より成人向き。表紙萌黄色であるところからの呼称。同様の傾向をもつ同時期のものに黒本があり,両者の間にはほとんど区別がないが,初期から中期にかけては黒本が多く,後期には青本のほうが多い。内容も両者ほぼ同じだが,黒本のほうが青少年向き。絵を中心として書かれ,話の内容は,おと話的なものから,歌舞伎浄瑠璃集,宗教的なもの,歴史的なもの,仇討ち物,おめでた物などへと展開している。話が複雑になるにつれて黄表紙へ発展,さらに合巻へと成長する。画工の自作物が多く,鳥居清経富川吟雪 (房信) ,観水堂丈阿などが代表的作者

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あお‐ほん〔あを‐〕【青本】
《「あおぼん」とも》
江戸中期、享保ごろから赤本のあとを受けて黒本とともに婦女子の間に流行した草双紙(くさぞうし)の一。萌葱(もえぎ)色の表紙であるところからよばれる。絵入りで、内容は浄瑠璃歌舞伎軍記物などを翻案・簡略化したもの。
黄表紙のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あおほん【青本】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

あお‐ほん あを‥【青本】
〘名〙 (「あおぼん」とも) 近世に行なわれた草双紙の名。赤本と黄表紙との中間にあたり、黒本にやや遅れて、延享(一七四四‐四八)頃から安永(一七七二‐八一)頃にかけて流行した。萠葱(もえぎ)色の表紙であったところからいう。多くは、歌舞伎、浄瑠璃や歴史、伝記ものなどのあらすじを材料とした絵とき本。五丁を一冊とし、数冊から数十冊を一部とした中本型のもの。また、黄表紙を「青本」と呼んだこともある。
※黄表紙・御存商売物(1782)上「近年あをぼんはやり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

青本
あおほん
江戸中期の草双紙の一つ
表紙は萌黄 (もえぎ) 色(緑色)であるが,現存するものは黄色に変色している。内容は黒本と同様で,浄瑠璃・歌舞伎からとった軍記物・仇討物が主。黒本が成人向きであるのにくらべ,やや若者向き。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

青本
あおほん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青本の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation