@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

青竜【セイリョウ】

デジタル大辞泉

せい‐りょう【青竜】
《「しょうりゅう」「せいりゅう」とも》
四神(しじん)の一。東方守護神で、にかたどる。蒼竜
青竜旗」の
青い竜。中国ではめでたいしるしとする。
二十八宿のうち、東方にある七宿の総称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐りゅう〔シヤウ‐〕【青竜】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐りゅう【青竜】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいりゅう【青竜】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうりゅう【青竜】
しょうは呉音
せいりょう青竜

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せいりゅう【青竜】
せいりょう青竜

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せいりょう【青竜】
せいりゅうとも
青い竜。
四方をつかさどる天の四神の一。東方の守護神であり瑞兆ずいちようとされる。蒼竜。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

青竜
せいりゅう
中国古代の想像上の動物。普通は玄武(げんぶ)、朱雀(すざく)、白虎(びゃっこ)とともに四神(しじん)という形で一組にされ、それぞれが東西南北の四方を守護したが、青竜は東方を管轄した。また、天子が戦時に軍を進める際は軍隊の四方に四神を描いた旗を配置したが、青竜の旗は左翼に立てるものとされた。四神の信仰は中国で広く普及し、漢代には不幸を避けるめでたい文句として彼らの名が盛んに鏡の銘文に鋳込まれた。この信仰はさらに古代の朝鮮や日本にも伝播(でんぱ)し、四神の図が高句麗(こうくり)の古墳や高松塚の壁画に残されている。[桐本東太]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青竜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青竜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation