@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

青色片岩相【せいしょくへんがんそう】

岩石学辞典

青色片岩相
藍閃石片岩相[Eskola : 1920, Ernst : 1963, Bailey, et al. : 1964].青色片岩(blue schist)という語は方解石,雲母,石英からなる片岩(calc-mica-schist)に付けられた名称であったが[Holger : 1840],アーンストは温度,圧力がある特定の範囲で生じた藍閃石片岩を青色片岩(blueschist)とよび,青色片岩相とした[Ernst : 1963, Bailey, et al. : 1964].青色片岩相は藍閃石片岩相と同じ意味であるが,青色鉱物は他の条件でも産出するので不適当な点もあり,どちらにしても混乱はなくならないようである.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青色片岩相」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青色片岩相の関連情報

関連キーワード

変成相緑色片岩相鉱物相サニディナイト相緑簾石角閃岩相白粒岩相鉱物相大恐慌牧野省三角閃岩相

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation