@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

青蓮院【しょうれんいん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

青蓮院
しょうれんいん
京都市東山区粟田口三条坊町にある天台宗の寺。粟田宮,粟田口御所ともいう。延暦寺三門跡の一つ。天養1 (1144) 年行玄開基。初め十楽院と称したが,のち鳥羽上皇のにより堂宇を造立し,門跡寺院となった。また,台密三味院流の本寺となり,建久~正治年間 (90~1201) 慈鎮和尚が大いに宗風を興した。親鸞が落飾したことから,本願寺の法主がここで得度する例となった。応仁の乱の際,および 1893年に火災にあっている。国宝の『不動明王二童子像』 (→青不動 ) をはじめ,寺宝が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょうれん‐いん〔シヤウレンヰン〕【青蓮院】
京都市東山区粟田口(あわたぐち)にある天台宗の寺。天台三門跡寺院の一。比叡山東塔南谷にあった青蓮坊が12代行玄のとき、青蓮院となったのに始まる。仁平3年(1153)鳥羽院本坊ほかに白川坊舎を建て、皇子覚快法親王が入寺して以来門跡寺院となる。以後、多くの天台座主を当院から出した。粟田御所

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

青蓮院
△京都府京都市東山区▽にある寺院。天台宗。比叡山延暦寺の三門跡のひとつ。本尊は熾盛光如来(しじょうこうにょらい)曼荼羅。“青不動”と呼ばれる「絹本着色 青不動明王二童子像」は国宝に指定。境内全域が国の史跡に指定されている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうれんいん【青蓮院】
京都市東山区粟田口にある天台宗の寺。三千院妙法院とともに天台宗三門跡の一つ。かつては十楽院と号し,東山御所,粟田御所ともいう。山号はない。1150年(久安6),叡山の行玄大僧正が鳥羽法皇帰依をうけて開創法皇の皇子覚快法親王がそのあとをついでから門跡寺院となり,以後皇族や摂関家の子弟が法灯をつぎ,朝廷の崇信厚く,天台宗三昧流の本所として栄えた。平安末から鎌倉初期の第3代門主慈円の時代,宗風は大いに振興した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうれんいん【青蓮院】
京都市東山区粟田口にある天台宗の寺。天台宗三門跡の一。1144年行玄の開創。もと延暦寺東塔の青蓮坊。1153年、鳥羽天皇の皇子覚快法親王の入寺以来門跡となり、以後皇族が相次いで入寺。一七世尊円法親王は書道の青蓮院流(御家流)の祖。国宝不動明王二童子像がある。粟田御所。東山御所。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

青蓮院
しょうれんいん
京都市東山区粟田口(あわたぐち)三条坊町にある天台宗の寺。粟田口御所(ごしょ)ともよばれ、天台三門跡(もんぜき)の一つ。本尊は熾盛光如来(しじょうこうにょらい)。開基は最澄(さいちょう)。比叡(ひえい)山上の天台三千坊の一つで東塔南谷にあり、初めは青蓮坊といった。第12代行玄大僧正(藤原師実(もろざね)の子)のとき、鳥羽院(とばいん)の皇后美福門院(びふくもんいん)の祈願所として院号を授けられ青蓮院となり、東塔南谷の本坊となった。一方、鳥羽院は1153年(仁平3)に京都三条白川に殿舎を造営、第7皇子覚快(かくかい)親王を入寺させ、以後青蓮院門跡と称して、代々皇族が入寺して天台座主(ざす)を継承した。第62代天台座主慈円(じえん)は歌道にも優れるが、密教にも通じて、その弟子からは法然(ほうねん)(源空)、親鸞(しんらん)を輩出した。とくに親鸞はこの院で出家得度したので本願寺との関係が密になり、明治期までは歴代の本願寺法主は青蓮院で得度した。境内の阿弥陀(あみだ)堂は植髪(うえがみ)堂ともいい、剃髪(ていはつ)した親鸞の髪を童形の坐像(ざぞう)に植えて残している。第17世尊円(そんえん)法親王は能書家として知られ、和様書道の一派青蓮院流(粟田流、尊円流、御家(おいえ)流ともいう)を創始した。室町時代には幕府との関係も深まり、足利(あしかが)氏一族から義円(足利義満(よしみつ)の子)が門跡になったが、のち還俗(げんぞく)して6代将軍義教(よしのり)になったことは有名である。殿舎、諸堂はしばしば兵火や火災にあい、近年では1893年(明治26)本堂をはじめほとんどの堂塔を焼失、1895年、1909年に宸殿(しんでん)、対面所、小御所、玄関などが再建された。本堂(熾盛光堂)は清水竹林院(きよみずちくりんいん)の建物を移築したもの。庭園は華頂山を借景とし、庭園林泉(室町時代、相阿弥(そうあみ)作、史跡・名勝)、霧島(きりしま)の庭(黒書院の庭、小堀遠州(こぼりえんしゅう)作)、苔(こけ)の庭(好文亭(こうぶんてい)の庭。大森有斐(ゆうひ)作)などの名園がある。庭内の好文亭は、1788年(天明8)御所が炎上したとき、後桜町(ごさくらまち)上皇が仮御所の御学問所として用いたもの。園内には豊臣(とよとみ)秀吉寄進という一文字手水鉢(ちょうずばち)がある。寺宝も多く、日本三不動の一つ「青不動」として名高い絹本著色不動明王二童子像は国宝。国の重要文化財としては宸殿襖絵(ふすまえ)の金地著色浜松の図17面(伝住吉具慶筆)、紙本墨書御消息(ごしょうそこ)(後光厳院(ごこうごんいん)宸筆(しんぴつ))、紺地金泥大灌頂光明真言(だいかんじょうこうみょうしんごん)(光格(こうかく)天皇宸筆)などがあり、そのほか歴聖宸翰(しんかん)、狩野(かのう)派筆画、書跡、古什器(こじゅうき)など数多く蔵されている。[中山清田]
 2014年(平成26)10月には、青蓮院の飛地境内である東山山頂の将軍塚に大護摩堂「青龍殿」(移築再建)と木造の大舞台(新築)を建立。国宝の「青不動」は青龍殿の奥殿に安置されている。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうれん‐いん シャウレンヰン【青蓮院】
京都市東山区粟田口三条坊町にある天台宗の寺。延暦寺三門跡の一つ。最澄が延暦寺の東塔に開いた青蓮坊にはじまり、天養元年(一一四四)天台座主行玄が中興。仁平三年(一一五三)鳥羽天皇の皇子覚快法親王が入山して以来門跡となった。第一七世尊円法親王が書道の青蓮院流(御家流)を創始。国宝不動明王二童子像(青不動)を蔵する。粟田宮。粟田口御所。東山御所。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青蓮院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青蓮院の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation