@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

青野原の戦い【あおのがはらのたたかい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

青野原の戦い
あおのがはらのたたかい
1338年(延元3・暦応1)正月28日、西上途中の南朝方北畠顕家(きたばたけあきいえ)の率いる奥州勢が、それを阻止しようとする高師冬(こうのもろふゆ)・師泰(もろやす)、細川頼之(よりゆき)らの室町幕府軍を美濃(みの)青野原(岐阜県大垣市赤坂町)で破った戦い。北畠軍は『太平記』に50万騎、『難太平記』に30万騎とあるが、北条時行(ときゆき)の率いる北条氏残党も加わっており、幕府軍は数的にもはるかに劣勢だったらしい。北畠軍は師冬と美濃守護土岐頼遠(ときよりとお)が布陣した青野原に騎馬突撃して、これを破った。しかし北畠軍は、黒地(くろじ)川東岸の師泰、細川頼之の陣に迫ることなく、また幕府軍の恐れていた越前(えちぜん)(福井県)から京都に迫ろうとしていた新田義貞(にったよしさだ)軍との合流もせず、伊勢(いせ)路に転進してしまった。この結果、幕府軍は以後の戦局を有利に展開するに至った。[奥富敬之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青野原の戦い」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青野原の戦いの関連情報

関連キーワード

暦応足利尊氏北畠顕家延元足利尊氏北畠親房原爆の絵北畠顕家建武後光厳天皇

他サービスで検索

「青野原の戦い」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation