@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

靖難の変【せいなんのへん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

靖難の変
せいなんのへん
Jing-nan; Ching-nan
中国,初の帝位継承をめぐる内乱 (1399~1402) 。洪武帝天下統一ののち,帝室の安泰をはかるため皇子を全国の要所に分封したが,中央集権をはかって土地人民に対する支配権は与えず,歳禄を給するだけであった。しかし北辺に設けられたなどの諸藩は辺防のため強大な兵力をもつにいたった。洪武帝の死後,16歳の皇太孫が帝位を継ぎ建文帝となると,斉泰らを用いて諸王勢力の削減をはかった。北平 (北京) の燕王はこの計画を知ると挙兵し,4年にわたる内戦ののち,燕王が勝利を得て帝位につき永楽帝となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいなん‐の‐へん【靖難の変】
中国、の第2代皇帝建文帝の諸王削廃策に対し、北京の燕王棣(てい)(永楽帝)が1399年に挙京師南京)を攻略し1402年に帝位を奪った事件

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいなんのへん【靖難の変】
中国,明初におこった帝位継承をめぐる内乱。太祖洪武帝は帝室の安泰を願って功臣を粛清し,皇子を全国の要所に封じて帝室の藩屛とした。その数は最終的には25にのぼった。ところが,太祖のあとをうけた建文帝は,側近のをいれ,これら諸王の勢力を排除する政策をとり,周王・湘王・斉王・代王・岷王らが次々と犠牲になった。これをみて,北平(北京)にあった燕王は,削藩の計が自分にもおよぶのを察知して1399年(建文1)7月兵を挙げた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

靖難の変
せいなんのへん

中国、明(みん)初に起こった皇位継承をめぐる内乱。太祖朱元璋(しゅげんしょう)は帝室の安泰を願って功臣を粛清し、皇子を全国の要所に分封した。彼らは民政にかかわることは禁じられたが、軍事権を与えられ帝室の藩屏(はんぺい)となるべく期待され、その数は25に上った。ところが、太祖の後を継いだ建文帝は側近の議をいれ、諸王の勢力を排除する政策をとり、周王、湘(しょう)王、斉王、代王、岷(びん)王らが犠牲となった。北平(北京(ペキン))にあった燕王は、削藩の計が自分に及ぶのを察知して、1399年7月に挙兵した。戦乱は4年にわたったが、燕王が京師(けいし)(南京(ナンキン))を攻略して終了し、1402年燕王は即位して成祖永楽(えいらく)帝となった。建文帝は兵火のなかに没したが、悲運の皇帝への同情から、その生死については数々の風説が伝えられている。なお、靖難というのは、燕王が挙兵にあたり、君側の奸臣(かんしん)を除き皇室の難を靖(やす)んずるという名目を掲げたのに基づく。

[寺田隆信]

『寺田隆信著『永楽帝』(1966・人物往来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいなん【靖難】 の 変(へん)
一三九九~一四〇二年、中国、明初の王室の内争。第二代の建文帝に対して、叔父の燕王(永楽帝)が挙兵、南京を陥れ、帝位を奪った事件。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

靖難の変
せいなんのへん
1399〜1402年,のちの明の成祖永楽帝が帝位を奪うために起こした内乱
太祖洪武帝(朱元璋)の没後,孫の建文帝がたつと,方孝孺 (ほうこうじゆ) らを用いて諸王の勢力を除こうとしたので,諸王の最有力者で叔父の燕 (えん) 王棣 (てい) が,君側の奸を除くと称して北京で兵を挙げ,靖難の師と称した。3年の戦いののち,燕王は南京をおとしいれて帝位につき,永楽帝を名のった。建文帝は所在不明となり,焼死と発表されたが,逃走説が後までうわさされた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

靖難の変」の用語解説はコトバンクが提供しています。

靖難の変の関連情報

関連キーワード

ミトリダテス[1世]日本経緯度原点共鳴ニトロフェノール(データノート)阿片煙吸食及び場所提供罪ビリアトデメトリオス2世自民党総裁選Fire Phoneマイナス金利(2016)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation