@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

静岡(市)【しずおか】

日本大百科全書(ニッポニカ)

静岡(市)
しずおか
静岡県の中央部にある県庁所在地。市域は安倍(あべ)川水系全域と大井川上流の井川地区および東部の清水地区からなる。北端は長野県、山梨県に接し、南は駿河(するが)湾に面する。東は富士宮(ふじのみや)市および富士市、南西は高草(たかくさ)山系で焼津(やいづ)市、藤枝(ふじえだ)市と接し、北西部は島田(しまだ)市、榛原(はいばら)郡川根本(かわねほん)町と接する。
 1889年(明治22)に市制施行。1909年(明治42)南賤機(みなみしずはた)村(一部)、1928年(昭和3)豊田(とよだ)村、1929年安東(あんどう)、大里村、1932年賤機村、1934年千代田、大谷(おおや)、久能(くのう)、長田(おさだ)、麻機(あさはた)の5村、1948年西奈(せな)村、1955年美和(みわ)、服織(はとり)、中藁科(なかわらしな)、南藁科の4村、1958年清水市の一部、1969年大河内(おおこうち)、梅ヶ島、玉川、井川、清沢、大川の6村を編入。2003年(平成15)清水市と合併。2005年政令指定都市に移行、葵(あおい)、駿河、清水の3区がつくられた。2006年庵原(いはら)郡蒲原町を、2008年同郡由比町(ゆいちょう)を清水区に編入(庵原郡消滅)。面積1411.90平方キロメートル(境界一部未定)。全国有数の広域都市である。JR東海道新幹線、JR東海道本線、静岡鉄道、大井川鉄道のほか、東名高速道路(静岡インターチェンジ、清水インターチェンジ)、新東名高速道路(新清水インターチェンジ、新静岡インターチェンジ)、国道1号、52号、150号、362号が通じる。人口70万4989(2015)。[川崎文昭]

自然

市の北部は赤石山脈(あかいしさんみゃく)の主部をなし、静岡・山梨・長野3県の県境にそびえ立つ間(あい)ノ岳(白根(しらね)三山の一峰)から赤石岳を経て南へ3000メートル級の高峰が続く。その稜線(りょうせん)が南アルプス国立公園である。また、間ノ岳から山梨県境を山脈が南走し、これらの山地は市街地のすぐ背後に迫る。そのため市域の約85%が山地で、1500メートル以上の山地は約25%に達する。中心市街地は安倍川、藁科川がつくりだした沖積平野の静岡平野(静岡清水平野)に広がる。市域には南北にフォッサマグナの西縁にあたる糸魚川‐静岡構造線(いといがわしずおかこうぞうせん)が通り、複雑で変化に富む地形を形成する。気候は、市域の南部は年平均気温が16.5℃(1981~2010)で温暖といえるが、北部は寒冷である。[川崎文昭]

沿革

歴史は古く、登呂遺跡(とろいせき)(特別史跡)は水田農耕文化を知るうえで貴重であるばかりか、第二次世界大戦後、考古学の出発点となった遺跡として有名である。古代には『万葉集』に「阿倍の市(あべのいち)」が詠まれ、国衙(こくが)が置かれて栄えた。中世南北朝以後は守護・戦国大名今川氏の本拠地となり、今川義元(よしもと)の時代には駿河、遠江(とおとうみ)、東三河(ひがしみかわ)支配の中心であった。また、近世には徳川家康の駿河、遠江、伊豆、甲斐(かい)、信濃(しなの)5か国支配の拠点として発展。江戸初期、家康による大御所時代に駿府(すんぷ)の繁栄は最高潮に達し、駿府の人口10万に達したという。その後、徳川頼宣(よりのぶ)・忠長(ただなが)の城下町、忠長失脚後は城代が置かれ、駿府町奉行(まちぶぎょう)、駿府代官が支配し、番城の町、宿場町(蒲原宿、由比宿、興津宿、江尻宿(えじりしゅく)、府中宿、丸子宿(まりこしゅく))として続いた。明治初期、ふたたび駿府藩(1869年に静岡藩と改称)の藩庁所在地となり、さらに1872年(明治5)静岡県庁が設置されると、以後は政治・文化の中心都市として発展、現在に至っている。[川崎文昭]

産業

特色ある伝統的な在来工業が著しく発達している。伝統的な漆器、家具、建具工業は和洋家具工業に発展、木工の町ともよばれる。木漆製品は鏡台、針箱、雛具(ひなぐ)が多くつくられ、雛具は全国一の生産を誇っている。かつて下駄(げた)製造が盛んであったが、現在ではサンダル、ケミカルシューズに転じ、サンダル生産は全国で上位。昭和30年代頃からプラスチック工業が出現、プラスチックモデルは全国シェアの約9割を占め、有名。伝統的在来工業は近代的に変身を遂げたが、経営形態は中小企業、家内工業的である。そのため、中小企業支援や大学と企業の交流促進を目的とした産学交流センターがつくられている。清水地区は全国有数の貿易港で、大規模な興津埠頭(おきつふとう)やコンテナターミナルを有し、食品、缶詰、食用油、機械金属、石油精製などの工場が多数ある。農林業は、北部の山岳地帯では茶、中部地帯ではミカン、南部では米、野菜が栽培されている。久能海岸一帯は石垣イチゴの名産地として全国的に著名である。このほか、シイタケ、ワサビ、木材、林産業も盛んである。水産業は江尻漁港、用宗漁港(もちむねぎょこう)を根拠地とする遠洋漁業と沿岸のシラス漁を主にしている。JR静岡駅・清水駅、静岡鉄道新静岡駅・新清水駅を中心にして電車、バスなどの交通網が発達、県下最大の商圏をもち、各種卸売業、小売業、飲食業が増加、第三次産業就業者は増え続け商業都市の性格をますます強めている。[川崎文昭]

観光・文化

自然に恵まれ、古い歴史をもつ静岡市は景勝地、史跡名勝、文化遺産に恵まれ、豊かな観光資源をもつ。久能山東照宮とともに登呂遺跡は最大の観光客を数え、隣接の登呂博物館の入館者は年間約9万6000人(2002)。駿府城跡(駿府公園)、静岡浅間(せんげん)神社、臨済(りんざい)寺、吐月峰柴屋(とげっぽうさいおく)寺、清見(せいけん)寺、洞慶(とうけい)院、賤機山などの旧跡や古刹(こさつ)が多く、旧東海道の道筋には、本陣跡など歴史的建造物が残されている。大崩(おおくずれ)海岸、三保松原(みほのまつばら)、日本平(にほんだいら)、井川湖など景勝地に全国から観光客やハイカーが訪れる。南アルプス国立公園の雄大な自然、梅ヶ島温泉などにも恵まれている。県立美術館をはじめ、駿府博物館、市立芹沢(せりざわけいすけ)美術館、静岡市美術館、静岡音楽館AOI、清水文化センターなどの文化施設のほか、静岡大学、静岡県立大学、常葉学園大学、静岡英和学院大学、東海大学などがある。年中行事としては4月上旬の「静岡まつり」、8月上旬の「清水みなと祭り」が知られ、名産品に銘茶、わさび漬け、安倍川餅(もち)、駿河湾のサクラエビなどがある。[川崎文昭]
『『静岡市の歴史と文化』(1956・静岡市) ▽『静岡市史年表』(1960・静岡市) ▽飯塚伝太郎著『静岡市の史話と伝説』(1967・松尾書店) ▽『静岡市史』全10巻(1969~1981・静岡市) ▽わが郷土静岡刊行会編『わが郷土静岡』(1977・江崎書店) ▽『写された明治の静岡』(1998・静岡市)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

静岡(市)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

静岡(市)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation