@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

静止気象衛星【せいしきしょうえいせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

静止気象衛星
せいしきしょうえいせい
geostationary meteorological satellite
赤道上空約 3万5800kmに打ち上げられ,地球の自転周期と同じ速度で周回する気象衛星。地球から見て常に同じ場所に静止している。台や低気圧,前線等の気象現象を連続して観測可能で,地球表面の約 3分の1を視野に収めることができる。アメリカ航空宇宙局 NASAが 1966年 ATS1号の実験静止衛星を成功させたのち,実用静止気象衛星 SMS1号を 1974年に西経 104°に,2号を 1975年に西経 75°にそれぞれ打ち上げた。この成功でアメリカ海洋大気庁 NOAAは実用静止気象衛星『ゴーズ』GOES計画をスタートさせ,アメリカの東側に GOES-Eを,西側に GOES-Wを,それぞれ打ち上げた。その後,1977年に日本とヨーロッパ宇宙機関 ESAが,静止気象衛星『ひまわり』と『メテオサット』を,1982年にインドが多目的静止衛星『インサット』をそれぞれ打ち上げた。これによって 1963年に世界気象機関 WMOが策定した世界気象監視計画 WWWに基づいた,静止気象衛星 5機を赤道上空にほぼ等間隔に配置し,極軌道気象衛星 2機を飛行させ,全球を網羅する気象衛星観測網構想が確立された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいしきしょうえいせい【静止気象衛星】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

静止気象衛星」の用語解説はコトバンクが提供しています。

静止気象衛星の関連情報

関連キーワード

気象衛星雲画像ボーイングB-17

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation