@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

静物画【せいぶつが】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

静物画
せいぶつが
still-life painting
果実,花,壺など,静止して動くことのないものを描いた絵画最古の例は古代ローマ時代,ポンペイ壁画にもみられた。しかし絵画の一ジャンルとしてのタブロー静物画が確立されたのはルネサンス期で,J.バルバリが最初に制作した。 17世紀ローランドで盛期オランダの画家で美術史家の A.ホウブラーケンが,このような絵画作品に対して stillevenという語を用いたのが最初とされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいぶつ‐が〔‐グワ〕【静物画】
草花や器物など、静物を描いた絵画。人物画・風景画に対していう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいぶつが【静物画】
切花,果実,食器,喫煙具,楽器,書物,死んだ魚や小禽獣など,人間の生活に深いかかわりをもつ,それ自体では動かぬ種々の事物卓上などに自由に構成・配置して描いた西洋絵画の一分野。昆虫ネズミなどの生きた小動物が従属的に描き込まれることもまれでないが,東洋における関連分野である花鳥画のように,鳥や自然の姿のままの,すなわち土に根を下ろした植物が主役を占めることはない。呼称にはゲルマン語系(英語のstill life,ドイツ語のStillebenはともにオランダ語のstillevenに基づく)とロマン語系(フランス語のnature morte,イタリア語のnatura morta)の二つがあり,いずれも〈動かぬ事物〉を原義として,〈静物画〉という包括的概念の確立よりやや遅れて18世紀に成立した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいぶつが【静物画】
花・果実・器物など静物を素材として描いた絵画。人物画・風景画に対していう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

静物画
せいぶつが
still life英語
nature morteフランス語
Stillebenドイツ語
花、果実、魚や小鳥の死体、各種用器具などの静物(それ自体は動かないもの)を描く絵画。これが西洋絵画の一ジャンルとして確定するのは17~18世紀であるが、古くから単独に、また他の絵画の主題に随伴して描かれていた。すでにギリシアでは、ゼウクシスがブドウの房を描いて高い評価を受けたことがプリニウスの記にある。古代ローマの壁画やモザイクにも、食卓上の食物、あるいは床上に散乱した食べ残しを題材とする、いわゆるクセンア(食糧画)とよばれるジャンルがあり、トロンプ・ルイユ(だまし絵)的な技巧の熟練と、客へのもてなしの寓意(ぐうい)性を目ざしていた。
 中世においては、事物の写実を軽視したキリスト教思想の影響でその作例はないが、14世紀末ころから現実の物や自然への関心が高まるにつれ、宗教画の一部に卓上の静物、草花や花瓶の花などが描かれ始める。そして同時期、棚やその上に置かれた静物の表現が、やはりトロンプ・ルイユ的効果をねらった壁画の寄木細工などで試みられている。さらに15世紀には、静物への関心とその精密な再現への志向が高まりをみせ、とくに聖母マリアの純潔を示すユリやイチハツの花瓶、「最後の晩餐(ばんさん)」や「カナの結婚」のための食卓、音楽と虚栄の象徴でもあり遠近法の探究の好対象でもあった弦楽器リュート、瞑想(めいそう)する聖者の机上の書物などが、その主要な題材に選ばれている。
 こうして15~16世紀に祭壇画の裏面などに独立した静物が描かれたのを先例として、17世紀になるとフランドル、オランダ、スペインで、他の主題から独立した静物画がカラバッジョ、ヤン・ブリューゲルらによって描かれた。とくに市民社会の現実的関心が強まったオランダでは、多くの画家がこぞって花や果実、食卓、市場、狩りの獲物を題材にして、17~18世紀の他国における静物画制作の先鞭(せんべん)をつけた。still lifeの語源は、オランダ語のStill-Levenに由来している。他の国々では、17世紀にはまだ宗教画などのジャンルに比べて静物画の地位は低かったが、装飾的テーマや「五感の寓意」としてはよく描かれており、これらはやがて18世紀フランスの「花と果実の画家」シャルダンにおいて開花する。そしてこの伝統は19世紀に再生し、印象派以降、風景画とともに絵画の中心的ジャンルとなってセザンヌらを生んだ。20世紀はさらにセザンヌが追求した「物と物との空間の関連」の課題を先鋭化し、フォービスム、キュビスムによって静物画の観念が一新している。
 なお東洋においては、自然界における事物の真実のあり方を分析的にとらえる視野をもたなかったために、西洋絵画での静物画に匹敵する歴史をもっていない。中国においても画題に静物が選ばれた例は多いが、それはそのものの実在性よりも、そのものがもつ生命の表出に意が用いられたということができる。日本においても静物画が一つのジャンルを確立したのは、近代以降である。[中山公男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいぶつ‐が ‥グヮ【静物画】
〘名〙 花、果実、食品、文具、楽器、什器など、それ自体動かないものを主題とする画。静物。
※冷笑(1909‐10)〈永井荷風〉一〇「花や果物などの静物画を描いた壁の油画をば」
[補注]森鴎外の「外山正一氏の画論を駁す」(一八九〇)に「動物画あり、静物画(スチルレエベン)あり」とある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

静物画」の用語解説はコトバンクが提供しています。

静物画の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation