@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

静物【セイブツ】

デジタル大辞泉

せい‐ぶつ【静物】
静止して動かないもの。多く、絵画の題材としての花・果物・器物などをいう。「静物の写生」
[補説]書名別項。→静物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せいぶつ【静物】[書名]
庄野潤三の短編小説集。昭和35年(1960)刊。表題作のほか、「」「五人の」などの作品を収める。第7回新潮社文学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

静物
せいぶつ

庄野潤三(しょうのじゅんぞう)の短編小説。1960年(昭和35)6月『群像』に発表。同年講談社刊の同名の作品集に所収。主人公と細君、小学5年生の長女、1年生の長男、3歳の次男のつつましく平和な家庭の生活をエピソードでつづる。主人公はその小さな幸福を包み込むようにたいせつにしているが、その背後で、かつて細君のした「あんなこと」が忘れられない。細君の自殺未遂は過去のこととしてはっきりは書かれていないが、その過去を克服する努力が、いまの平和を支えている。新潮社文学賞受賞。

[鳥居邦朗]

『『プールサイド小景・静物』(新潮文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐ぶつ【静物】
〘名〙
① 静止していて動かない物体。多く、静物画の題材としての、器物・花・果物などをさす。
※鳥影(1908)〈石川啄木〉七「静物の写生なんかに凝ったものだ」
※近代絵画(1954‐58)〈小林秀雄〉セザンヌ「セザンヌの初期の静物にしろ風景にしろ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

静物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

静物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation