@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

静観詩集【せいかんししゅう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

静観詩集
せいかんししゅう
Les Contemplations

フランスの詩人ユゴー後期の著名な詩集。1856年刊。「瞑想(めいそう)詩集」とも訳される。ナポレオン・クーデター後のユゴー亡命中の出版にもかかわらず、初版は発売と同時に売り切れ、文学的にも高い評価を得た。構成は、愛娘レオポルディーヌの溺死(できし)事件を境に、明るく幸福な「昔」(第一部、1830~43)、悲嘆と瞑想、哲学的昇華を描く「今」(第二部、1843~55)に分かれ、あわせて158編を収録。二部構成のコントラストを効果的にするため、亡命中の詩を第一部に移すなど技巧的改変がみられるが、内容は、愛娘の死を山場に、自然、家庭、思い出をうたって変化に富む。最後の哲学詩では、交霊術の影響下に万物の交感をうたい、後の象徴派を予告している。

[佐藤実枝]

『松下和則訳『世界名詩集大成2 静観詩集他』(1960・平凡社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいかんししゅう〔セイクワンシシフ〕【静観詩集】
原題、〈フランス〉Les Comtemblationsユゴー詩集。1856年刊。愛娘レオポルディーヌの死をに、それ以前の「過ぎ去りし日(Autrefois)」、それ以後の「いま(Aujourd'hui)」の二部構成とする。ユゴーの叙情詩の中でも特に優れた作品とされる。瞑想詩集

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

静観詩集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

静観詩集の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation