@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

非戦論【ヒセンロン】

デジタル大辞泉

ひせん‐ろん【非戦論】
戦争をすべきではないとする議論主張反戦論

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひせんろん【非戦論】
平和のために世界を挙げて軍備を撤廃し,戦争絶滅を主張する考え方。一般に,〈非戦論〉とは日露戦争時に現れた,反戦運動のことを指す。運動としての非戦論は,1900年中国で起こった義和団蜂起に対し日本が出兵した際,幸徳秋水が〈非戦争主義〉(《万朝報》1900年8月7日)を書いて平和を説き非戦争を唱えたことに始まる。非戦論はその後,日露戦争開戦の危機の中で,人道主義的立場(黒岩涙香の《万朝報》,島田三郎の《毎日新聞》など),キリスト教的立場(内村鑑三柏木義円救世軍など),社会主義的立場(幸徳,堺利彦,木下尚江ら)から展開された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひせんろん【非戦論】
戦争に反対する議論・主張。特に、日露戦争時、内村鑑三・幸徳秋水らによってなされた一連の反戦論をいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひせん‐ろん【非戦論】
〘名〙 戦争はすべきでないとする議論・主張。
※万朝報‐明治三六年(1903)一〇月一三日「内村、幸徳、堺の三氏、非戦論を唱へて朝報社を去る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

非戦論
ひせんろん
明治時代,日露戦争に反対する主張
『万朝報 (よろずちようほう) 』が中心であったが,社主黒岩涙香 (るいこう) が主戦論に転じたため堺利彦・幸徳秋水・内村鑑三らは1903年退社。堺・幸徳らは『平民新聞』により社会主義の立場から,内村はキリスト教の立場から戦争批判を続けた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

非戦論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

非戦論の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation