@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

非戦闘員【ひせんとういん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

非戦闘員
ひせんとういん
noncombatant
交戦国の軍隊の構成員のうち戦闘以外の任務,たとえば経理,衛生,法務などに従事する者。軍務に服していない一般市民をさすこともある。「陸戦ノ法規慣例ニ関スル規則」 (1907,ハーグ) 3条は交戦国の兵力は戦闘員および非戦闘員をもって構成するとし,敵に捕われた場合には,いずれも捕虜の取扱いを受ける権利を有すると定めている。一般市民に関しては,第2次世界大戦において非戦闘員に関する明確,詳細な法規の欠如から,悲惨な結果をもたらしたため,「戦時における文民の保護に関する条約」 (49,ジュネーブ) の成立をみた。 (→戦闘員 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひ‐せんとういん〔‐セントウヰン〕【非戦闘員】
交戦国の一般住民。民間人。
国際法で、交戦国の兵力に属するが、戦闘以外の事務に従事する者。軍医・看護兵・法務官・経理官・従軍記者など。→戦闘員

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひせんとういん【非戦闘員】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

非戦闘員
ひせんとういん
non-combatant

軍隊構成員のうち衛生要員や宗教要員など軍を援助する目的で所属する要員。これらの要員は敵の権力内に陥ったとき戦闘員と同じく捕虜として取り扱われる。また非戦闘員という用語が、交戦国の文民・一般住民を包含する意味で用いられる場合がある。要するに戦闘員以外の国民すべてをさす。国際法は、戦時において戦闘員と非戦闘員ないし一般住民を区別し、後者を攻撃目標とすることを禁止している。これを「戦闘員と非戦闘員の区別原則」とよび、その背後には「非戦闘員不可侵の原則」がある。なお、軍需工場内の工員など軍事目標内にいる者はその目標攻撃による被害を受忍せざるをえないが、軍事目標外にいれば非戦闘員とみなされる。

[藤田久一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひ‐せんとういん ‥セントウヰン【非戦闘員】
〘名〙 直接戦闘に加わらない軍隊の構成員および一般民間人。医療衛生、経理、郵便、兵站などの軍の支援目的で軍に従属している要員もいう。〔陸戦の法規慣例に関する条約(明治三三年)(1900)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

非戦闘員」の用語解説はコトバンクが提供しています。

非戦闘員の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation