@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

非晶質半導体【ひしょうしつはんどうたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

非晶質半導体
ひしょうしつはんどうたい
amorphous semiconductor
アモルファス半導体ともいう。非晶質固体のうち,温度上昇とともに電気伝導度が半導体的性質を示すものをいう。カルコゲン元素,あるいはこれと IV族,V族元素の混ざり合ったカルコゲン系非晶質半導体と,ゲルマニウムシリコンなど IV族元素のみの非晶質半導体がある。原子配列が長距離秩序をもたないためバンド構造は定義できないが,結晶半導体の禁制帯に相当するものが存在する。光吸収による電子・正孔対生成や,電気伝導度がボルツマン定数kB として exp (-E/kBT) ( E は活性化エネルギー,T は絶対温度) に比例して変化するなど,結晶半導体に似た性質をもっている。スイッチングやメモリ特性を利用した電子素子,あるいは光による非晶質の構造変化を利用した記憶素子などへの応用がある。また,p-n接合やショットキー障壁を用いる光起電力効果も発生する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひしょうしつ‐はんどうたい〔ヒシヤウシツハンダウタイ〕【非晶質半導体】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

非晶質半導体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

非晶質半導体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation