@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

革命裁判所【かくめいさいばんしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

革命裁判所
かくめいさいばんしょ
Tribunal révolutionnaire
フランス革命期における恐怖政治の重要な一機関。通常 1793年3月 10日から 95年5月 31日までパリにおかれた第2の特別裁判所をいう。第1のそれは 92年8月 17日から 11月 29日まで,八月十日事件 (王権停止) の裁判を目的として開設されたが,第2の特別裁判所は 93年国家の内外治安を乱す反革命容疑者の断罪のために,国民公会によって創設され,簡単な手続に基づく告発によって機能した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かくめいさいばんしょ【革命裁判所】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

革命裁判所
かくめいさいばんしょ
Tribunal révolutionnaire フランス語

1793年3月10日、フランス革命戦争の全般化と国内での反革命内乱の勃発(ぼっぱつ)に対処するため、反革命派の動きを抑えるべく設置された裁判所。同年9月容疑者を裁くために手続を簡素化するなどして活動を強化、「恐怖政治」のもっとも直接的な機関となった。王妃マリ・アントアネット、ジロンド派、過激派、さらにはダントン派、エベール派など、著名な政治的指導者の裁判にもあたったが、より日常的にはいわゆる「反革命容疑者」の裁判がその任務であり、一般民衆の恐怖かつ憎悪の的となった。ついにはその推進者たるロベスピエール派も断罪の対象となったが、その直後の94年8月に改組、弱体化され、翌年5月に廃止された。「恐怖政治」の最盛期にその犠牲となって刑死した者は、3万5000人から4万人といわれる。

[樋口謹一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

革命裁判所
かくめいさいばんじょ
Tribunal révolutionnaire
フランス革命中の1793年3月,国民公会が設けた裁判所
1793年の内外の危機に際し,反革命運動の撲滅を目的としてパリに創設された。裁判官は,公安委員会が候補決め,国民公会が任命した。恐怖政治が激化すると,被告には弁護証言も許されず,判決死刑だけとなった。この裁判所の死刑判決総件数は2600余名といわれる。1795年5月廃止。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

革命裁判所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

革命裁判所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation