@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

革帯【カクタイ】

デジタル大辞泉

かく‐たい【革帯】
牛の革製の帯。男子の朝服用の革帯は黒漆塗りで、(か)とよぶ飾りを並べ連ねているので銙帯(かたい)ともいう。また、銙の材質により金帯(きんたい)・銀帯玉帯(ぎょくたい)・石帯(せきたい)などという。かわのおび。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かわ‐おび〔かは‐〕【革帯/皮帯】
革製の帯。ベルト。バンド。
かくたい(革帯)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かくたい【革帯】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かく‐たい【革帯】
〘名〙 牛の革製の帯。男子の朝服用の革帯は黒漆塗りとし、銙(か)と呼ぶ飾りを並べ連ねて銙帯(かたい)ともいう。また銙の材質により金帯(きんたい)、銀帯、玉帯(ぎょくたい)、石帯(せきたい)などという。かわおび。
※続日本紀‐和銅五年(712)五月壬申「癸酉。禁六位已下以白銅及銀革帯

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

革帯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

革帯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation