@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

靭皮【ジンピ】

デジタル大辞泉

じん‐ぴ【×靭皮】
樹木の外皮のすぐ内側にある柔らかな部分。甘皮(あまかわ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

靭皮
じんぴ
植物の一次篩部(しぶ)と二次篩部の部分をいう。二次肥大する植物では、茎や根に生じた形成層の活動によって内側には二次木部が、外側には二次篩部が次々と形成される。この形成層より内側の二次木部の部分を材とよび、外側の活動中および以前に形成されてつぶされかかっている二次篩部、さらに一次篩部が残っていれば、これをも含めて靭皮という。二次肥大が活発であればやがて表皮は壊れ、これにかわって皮層に生じたコルク形成層が活動して周皮を形成する。長い間にわたる二次肥大につれて、二次篩部の中にコルク形成層が次々と交替しながら発生し、それより外の部分は乾燥して樹皮としてはがれていく。なお、しばしば靭皮の部分も含めて樹皮とよぶ場合もある。
 篩部は機械的支持の働きをする繊維を生じることが多く、靭皮に蓄積している繊維を靭皮繊維とよぶ。この繊維は長くて軟らかいため、有用なものが多く、アサ、ジュート、カラムシ、アマなどの繊維は布、縄などに利用されるほか、コウゾやミツマタなどでは和紙の原料となる。[西野栄正]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

靭皮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

靭皮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation