@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鞍作止利【くらつくりのとり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鞍作止利
くらつくりのとり
飛鳥時代の代表的仏師止利仏師とも呼ばれ,鞍作鳥とも書く。『日本書紀』によると渡来人司馬達等,坂田寺の丈六像を制作したと伝えられる部多須奈の子。法隆寺金堂の金銅釈迦三尊像』(623)の作者として,光背の銘文に名をとどめる(→釈迦如来像)。聖徳太子の命を受け,多くの仏像制作に従事。推古14(606)年,元興寺金堂の丈六像をつくり,功として大仁位に叙せられ水田 20町歩を賜ったといわれる。中国,北魏の仏像の形式や様式を基礎とし,より洗練された作風をもち,板耳,杏仁形の目などの表情,指の長い大きな手,細く長い首,下裳の着方,裳懸座(もかけざ。→台座)などに特色がある。このような様式の仏像を止利様と称する。(→飛鳥文化

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くらつくり‐の‐とり【鞍作止利/鞍作鳥】
飛鳥時代の仏師。司馬達等(しばたつと)の孫といわれる。飛鳥寺の丈六仏(飛鳥大仏)や法隆寺金堂の釈迦(しゃか)三尊像の作者。日本最初の本格的な仏師で、中国の北魏(ほくぎ)様式の流れをくみながら、いっそう洗練された作風は、止利様式とよばれる。止利仏師。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くらつくりのとり【鞍作止利】
飛鳥時代の仏師。生没年不詳。止利(鳥)仏師ともよばれるが正しくは司馬鞍作首止利(しばのくらつくりのおびととり)。南梁からの帰化人司馬達等の孫というが,4世紀ごろに帰化した司馬一族の〈鞍作村主〉の子孫ではないかと考えられ,また朝鮮(百済)からの帰化人とする説もある。鞍作(鞍作部)の名が示すように馬具をつくる技術者集団の首長であったが,6世紀末ごろに大陸から新形式の鞍の技術が輸入されたとき,配下の金工,木工染織の技術者とともに,新しい技術を生かして仏像製作に転向したとも考えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鞍作止利
くらつくりのとり

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くらつくり‐の‐とり【鞍作止利】
飛鳥時代の仏師。日本最初の仏像製作者。中国南梁からの渡来人司馬達等(しばたっと)の孫。父は仏工多須奈(たすな)。推古天皇一四年(六〇六)元興寺金堂(今の安居院)の銅と繍(しゅう)の丈六仏像を造り、さらに法隆寺金堂の釈迦三尊像や薬師像を造立。作品は中国南北朝の北魏様式や銅造鍍金(ときん)の技術を採用した止利様式を示し、飛鳥彫刻の代表とされる。止利(鳥)。止利仏師。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鞍作止利」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鞍作止利の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation