@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鞘翅類【しょうしるい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鞘翅類
しょうしるい
Coleoptera; beetle; weevil
目に属する昆虫の総称。甲虫類ともいう。微小ないし大型の昆虫で,革質または角質の外骨格におおわれる。翅は2対あるが,後翅退化または欠如するものが多く,2対とも欠如するものもある。前翅は翅鞘 (エリトラ) または上翅といい,体と同質で硬く,飛翔には役立たないが,中・後胸部および腹部の全部または一部をおおう。普通中央で直線状に合わさるが,左右が融合して離れないものもある。後翅は膜状で翅脈は少く,飛翔時以外はたたんで翅の下に納められる。複眼は顕著であるが退化するものもある。普通単眼を欠き,触角は 11節から成る。口器は咀嚼型。大腮は強壮でときに巨大となる。前胸は独立し,後方に顕著なくびれがある。腹部の末端節はでは体内に納められる産卵管となるものがある。は多様化が著しく,跗節は1~5節で,5節が普通である。完全変態をし,幼虫地虫型またはカンポデア (シミ) 型で常に腹脚を欠く。は肢が体から離れて突き出している裸蛹である。全動物中最大の目 (もく) で,既知種は 26万種以上,日本産は 8000種をこえる。海中を除くほとんどあらゆる環境にすみ,食性を含む習性の多様化が著しい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうしるい【鞘翅類】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鞘翅類
しょうしるい

昆虫綱甲虫目の別名。甲虫の前ばねはほかの昆虫と異なり、厚く堅くなり後体部背面を左右から覆い、中央で相接しており、背面を覆う鞘(さや)の役を果たしているのでこの名がある。

[中根猛彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうし‐るい セウシ‥【鞘翅類】
※思ひ出(1933)〈太宰治〉二「私はその鞘翅類(セウシルヰ)をも私の採集した珍昆虫十種のうちにいれて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょうし‐るい〔セウシ‐〕【××翅類】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鞘翅類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鞘翅類の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation