@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

韓愈【かんゆ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

韓愈
かんゆ
Han Yu
[生]大暦3(768)
[没]長慶4(824).12.2. 長安
中国,中唐の文学者,思想家,政治家。南陽 (河南省) の人。字,退之。自分では昌黎 (河北省) の人と称したところから,韓昌黎とも呼ばれる。貞元8 (792) 年進士に及第。すぐには官途につかず,国士監四門博士となり (802) ,その後2回の嶺南地方 (広東省) への左遷を含みつつ,吏部侍郎まで累進して退官。諡は文公。散文では,対句を基調とする六朝風の華麗な駢文 (べんぶん) に対して,自由な表現を重んじる文体改革を提唱し,詩では白居易とともに「韓白」と並称される中唐の代表的詩人であり,思想家としては,儒教中心主義を強調して,仏教,道教を激しく攻撃した。著作『昌黎先生集』 (40巻) ,『外集』 (10巻) ,『遺文』 (1巻) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐ゆ【韓愈】
[768~824]中国、唐の文学者・思想家。唐宋八家の一人。昌黎(しょうれい)(河北省)の人ともいわれるが、河陽河南省)の人。字(あざな)は退之。昌黎先生と称される。儒教、特に孟子を尊び、道教仏教を排撃した。柳宗元とともに古文復興運動に努めた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんゆ【韓愈 Hán Yù】
768‐824
中国,唐代中期の文学者,思想家,政治家。字は退之。郡望によって韓昌黎というが,実は河内南陽(河南省修武県)の人。最終官によって韓吏部といい,(おくりな)によって韓文公と呼ぶ。貞元8年(792)の進士。監察御史のとき,京兆尹李実を弾劾し,かえって連州陽山県(広東省)左遷,のち,中央に復帰し,中書舎人などを経て,817年(元和12),地方軍閥呉元済討伐の行軍司馬となり,そのによって刑部侍郎となったが,憲宗仏舎利宮中に迎えたのに反対したため,再び潮州(広東省)刺史に左遷された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんゆ【韓愈】
768~824 中国、中唐の儒者・文人。字あざなは退之、諡おくりなは文公、昌黎しようれいと号。唐宋八大家の一。「文は道を載せる道具」として四六駢儷べんれい体を排し、古文を提唱。詩をよくし、白居易と並び称され、また儒学復古を唱えて、文章・学問とも後代に大きな影響を残した。詩文集「昌黎先生集」「昌黎先生外集」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

韓愈
かんゆ
(768―824)
中国、唐の文学者、思想家。字(あざな)は退之(たいし)、文公と諡(おくりな)される。自称した出身地によって昌黎(しょうれい)先生とよばれ、最終官によって韓吏部(りぶ)という。幼年にして父母を失い、長兄韓会(かんかい)に養育された。792年(貞元8)の進士。地方の節度使の属官を経て、803年、監察御史となり、京兆尹(けいちょういん)(首都の行政長官)李実(りじつ)を弾劾したが、かえってそのため陽山県(広東(カントン)省)令に左遷された。翌804年召還され、その後、主として国子監に勤務。817年、呉元済(ごげんさい)の反乱のとき、司令官裴度(はいど)の副官として行軍司馬となり、平定の功によって刑部侍郎となる。819年、憲宗皇帝が仏骨を宮廷に迎えたのを諫(いさ)めて、皇帝の怒りに触れ、潮州(ちょうしゅう)(広東省)刺史(しし)に左遷されたが、翌820年憲宗が崩じ、召還されて吏部侍郎にまで至った。長慶4年12月2日卒す。
 文学上の功績の第一は、散文の文体改革である。それまで普通行われた対句(ついく)を中心としてつくられる駢文(べんぶん)に反対して、対句など形式の拘束から自由でありながら、しかも達意の文体をつくりあげ、古代文体の復活という意味で「古文」と称し、友人の柳宗元(りゅうそうげん)らとともに推し広めた。とくに、人物の伝記を述べるいわゆる碑誌伝状に優れ、従来のこのジャンルの作品が類型的な千編一律であったのを、それぞれ対象に即して個性的な文章を簡潔に書いた。唐代では古文はまだ支配的文体にまで至らず、駢文と並び行われる程度であったが、宋(そう)代以後、中国の散文文体の主流となり、彼の文章はその模範とされる。第二に、詩において叙情的テーマに限定せず、議論を展開したり、事実を詳細に記述したり、幻想を具象的に描写するなど、知的な興味を精練した表現で表すことを試み、作風を異にする白居易(はくきょい)と並んで、韓白と称され、当時の代表的詩人であった。その詩は、「文を以(もっ)て詩と為(な)した」といわれ、ときに散文的で難解との批判もあるが、題材の拡張とともに、宋代の詩に与えた影響は大きい。
 思想の方面では、儒家思想を尊重して、堯(ぎょう)・舜(しゅん)・禹(う)・湯(とう)・文・武・周公・孔子・孟軻(もうか)という道統の説を提出し、仏教・道教を排撃した。古典研究において、経書の思想内容に重点を置き、『論語』と並んで『中庸(ちゅうよう)』や『孟子(もうし)』を尊重するなど、宋の性理学の先駆者とされ、李(りこう)との共著『論語筆解』2巻が存する。詩文は、『昌黎先生集』40巻、外集10巻、遺文1巻に収められ、宋の魏仲挙(ぎちゅうきょ)編五百家注、朱熹(しゅき)(朱子)『考異』などの注解がある。[清水 茂]
『清水茂注『中国詩人選集11 韓愈』(1958・岩波書店) ▽原田憲雄著『漢詩大系11 韓愈』(1965・集英社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐ゆ【韓愈】
中国、唐代の文人、政治家。唐宋八大家の一人。鄧州、南陽の人。字(あざな)は退之。号は昌黎。諡(おくりな)は文公。徳宗、憲宗、穆宗(ぼくそう)に仕え、官は吏部侍郎に進む。四六駢儷(べんれい)文を批判し、散文文体(古文)を主張。儒教を尊び、仏教、道教を排撃した。詩をよくし、白居易とともに「韓白」と並び称された。主著「昌黎先生集」四〇巻、「外集」一〇巻。(七六八‐八二四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

韓愈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

韓愈の関連情報

関連キーワード

ステファヌス3世(4世)フィリップススキャン時の色数コンスタンチヌス2世XGAWXGAピピンXGAVRAM

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation