@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

韓非子【かんぴし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

韓非子
かんぴし
Han Fei-zi
[生]?
[没]始皇帝14(前233)
中国,戦国時代末期の韓の思想家。法家。子は敬称,またはその著書をさすのに用いる語。韓の弱体に発奮して法家思想をきわめた。荀子に学び,申不害,慎到,商鞅らの法家思想を大成。荀子の性悪説を人性利己説に徹底させ,また老子の無為自然説を君主の絶対権力の理論と臣下操縦に実用化し,儒学の礼楽による徳治を退け,法律,刑罰を絶対化し,信賞必罰を説き,富国強兵と中央集権強化をはかった。に使して,李斯に毒殺された。その説は秦始皇帝の帝国統一の理論として役立った。その作とされる『韓非子』には後世付加の部分が多い。この書は唐代までは韓子と称したが韓愈との混同をさけるため,宗代以後は韓非子と称せられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんぴ‐し【韓非子】
韓非」の敬称。
中国の思想書。20巻55編。一部は韓非の著とされるが未詳。厳格な法治主義励行政治の基礎であると説き、法と術の併用によって君権を強化することを目ざした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんびし【韓非子 Hán Fēi zǐ】
中国,戦国末の思想家韓非(?‐前234?)の言説を集めた書。20巻55編。すべてが韓非の自著ではなく,後学のものも含まれているが,孤憤・説難(ぜいなん)・和氏(かし)・姦劫弑臣(かんきようししん)・五蠹(ごと)・顕学の諸はもっとも真に近い。秦の始皇帝は孤憤・五蠹の篇を読んで,いたく感激し,この人に会って交際を結ぶことができたら,死んでも思い残すことはない,と漏らしたという。《韓非子》では,人民は支配搾取の対象であり,君主に奉仕すべきものとされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かんぴ‐し【韓非子】
[一] 「かんぴ(韓非)」の敬称。
[二] 叢書。二〇巻。編者不詳。紀元前二世紀末にかけて成立。韓非およびその一派の著作五五編を収めたもの。法治主義に基づく思想を展開。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

韓非子
かんぴし

韓非

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

韓非子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

韓非子の関連情報

関連キーワード

増殖炉溶融塩増殖炉業務妨害罪トリウム炉プロトアクチニウムプロトアクチニウム自民党総裁選農家文化庁移転李承晩ライン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation