@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

韮山城【にらやまじょう】

日本の城がわかる事典

にらやまじょう【韮山城】
静岡県伊豆の国市(旧田方郡韮山町)にあった戦国時代の城郭。龍城山と通称される丘陵に沿って、縦に曲輪(くるわ)が連なる典型的な平山城(ひらやまじろ)だった。15世紀末に伊豆国を平定した伊勢新九郎盛時(のちの北条早雲、伊勢新九郎長氏とも)が拠点としていた城である。駿河の今川氏の客将だった早は、興国寺城(沼津市)を居城としていたが、1491年(延徳3)に堀越公方足利茶々丸を攻め滅ぼして伊豆を平定し、ここに新たな居城を築いた。『北条五代記』によれば、韮山城は前堀越公方足利政知(茶々丸の父)の家臣外山豊前守が城を造ったのが始まりとされているが、本格的な城郭として整備したのは早雲である。早雲はのちに小田原城(神奈川県小田原市)を奪って相模に進出したが、早雲自身は小田原城に居城を移すことなく、韮山城で1519年(永正16)に88歳で死去した。北条氏の本城が小田原城に移ったのちも、伊豆支配の拠点として重視し、永禄年間(1558~69年)末期には北条氏康の四男氏規が入城して伊豆国を統治した。1590年(天正18)の小田原の役では、韮山城は豊臣秀次を大将とする総勢4万4000といわれる豊臣方大軍の攻撃を受けた。城将の北条氏規は約3600の軍勢とともに籠城し、約100日間持ちこたえたが、ついに降伏・開城した。その後、韮山城は関東に国替えになった徳川家康の持ち城となり、家康家臣の内藤信成が入城した。しかし、1601年(慶長6)の信成転封に伴い廃城となった。丘陵の頂上付近に本丸、次いで二の丸、権現平、三の丸の遺構があり、塩蔵跡や土塁、空堀、内堀などが残っている。城跡のほとんどは、江戸時代に韮山代官をつとめた江川太郎左衛門の子孫である江川家の私有地となっている。また、麓の県立韮山高校付近に武家屋敷や政庁があった。同高校のグラウンドに御座敷という地名が残っており、この下に早雲の館があったのではないかともいわれている。伊豆箱根鉄道駿豆線韮山駅から徒歩約25分。◇龍城ともよばれる。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にらやまじょう【韮山城】
静岡県田方郡韮山町韮山にあった中世の城。1491年(延徳3)北条早雲が堀越公方足利茶々丸を滅ぼして伊豆を征服し,この地に築城したことに始まる。早雲は相模進出後も居城とし,1519年(永正16)に同地で没した。その子氏綱以降北条氏(後北条氏)の本拠は相模小田原城に移ったが,90年(天正18)豊臣秀吉の小田原征伐に際し,当城は山中城とともに小田原城防衛の最前線として重要性を再び増した。北条氏政の弟氏規以下3600の守備する同城に,3月29日から織田信雄ら4万余の豊臣方が攻撃。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

韮山城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

韮山城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation