@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

音感【オンカン】

デジタル大辞泉

おん‐かん【音感】
音に対する感覚。音の高低音色(ねいろ)などを聴き分ける能力。「音感が鋭い」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おんかん【音感】
音あるいは楽音の性質(音高,音価,音色,強弱など)を聞き分ける能力。この能力をたかめて音楽の学習に役立てることを音感教育という。音楽以外の分野に応用されることもある。音感教育は単音の性質を識別するだけでなく,さらに音の相互関係に対する鋭敏な感覚(フレーズ感,和声感,調性感,リズム感,楽器法など)を養うまでに発展するが,現在の音感教育はほとんど音高の識別能力の開発のみに集中している。音高に関する音感には,絶対音感と相対音感とがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おんかん【音感】
音に対する感覚。音の高低・音色などを聞き分ける能力。 -がするどい 絶対-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おん‐かん【音感】
〘名〙
① 能楽の用語。音や音楽の感じ。音や音楽の生む感動。
※風曲集(1423頃)「声をたすけ、曲を色どる音感あるべし」
② 音の高低、長短、強弱などを感受、識別できる能力。高低については補助手段なしに絶対的な音の高さを聞き分ける絶対音感と、他の音との比較において音の性質を判断する相対音感とがある。
※地唄(1956)〈有吉佐和子〉「音感に並みはずれた才能を持つ父と子が」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

音感」の用語解説はコトバンクが提供しています。

音感の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation