@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

音色【ねいろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

音色
ねいろ
tone colour; tone quality
同じ高さのでも,発音体によって聴感が生じ,それぞれ特有の音として感じること。音の大きさ,音の高さとともに音の三要素をつくる。ある振動数の音といっても一般には純音でなく,倍振動などの音の混り方およびそれらの減衰の差が音色に寄与する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おん‐しょく【音色】
その音のもつ感じ。ねいろ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ね‐いろ【音色】
発音体の違い、あるいは同じ発音体でも音の出し方によって生じる、音の感覚的な特性。高さや強さが同じ音でも、それに含まれる部分音種類や強さなどによって違いが生じる。おんしょく。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ねいろ【音色 tinbre】
〈おんしょく〉ともいう。人間が音を区別して感ずることができるための音の属性の一つ。音の大きさ,音の高さと音色とを音の三要素という。この中で,音色は音波波形に関係するもので,音の大きさや高さに比べて複雑な属性である。定常的で周期性のある音の場合には,音色は主としてその音を構成する各部分音の周波数音圧とによって規定されることになるが,実際の音のように絶えず時間変動をする場合には,こうした変動性状そのものが音色をきめる要因になる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

おんしょく【音色】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

おん‐しょく【音色】
〘名〙 楽器、人声など発声体によって異なる音の色あい。ねいろ。〔電気訳語集(1893)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ね‐いろ【音色】
〘名〙 楽器、人の声など発音体に特有な音の感じ、色あい。音の強さや高さが同じでも、発音体によって含まれている上音の種類や割合、また鳴りはじめてから消えるまでの振動状能の変化が異なることなどによって、発音体特有の音の感じが生ずる。ねざし。おんしょく。
※虎明本狂言・楽何彌(室町末‐近世初)「尺八の、あらおもしろのね色やな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

音色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

音色の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation