@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

音韻論【おんいんろん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

音韻論
おんいんろん
phonology; phonemics
音声学的観察で確認した音声がどういう音韻単位に該当し,そのような単位がいくつあり,いかなる体系・構造をなしており,いかなる機能を果しているかなどを研究する学問。音韻論的解釈には正確な音声学的観察が必要であり,逆に正しい音韻論的解釈により音声学的事実がよりよくみえてくることから,音声学と音韻論は補い合うものであるといえる。音韻的単位の最小のものは音素である。東京方言ではその音素が1つないし3つでモーラを形成し,モーラが1つないし3つで (音韻的) 音節を形成し,その音節 (連続) のうえにアクセント素がかぶさって形式の音形を構成している。音韻を音素の代りに使う人もいるが,音韻は以上の音韻的単位の総称としたほうがよい。この立場に立てば,音韻論 phonology音素論 phonemicsよりも広い概念で,少くともその他に音節構造論とアクセント論を含むことになる。音韻論にも,他の分野と同様,共時音韻論と史的音韻論 (音韻史) がある。また音声学と音韻論を総称して「音論」と呼ぶこともある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おんいん‐ろん〔オンヰン‐〕【音韻論】
phonology》言語学の一部門。言語のアクセントなどをも含む)を記述し、その歴史的変化の過程、そこにみられる原則を研究する学問。また、ある言語の言語音を音素という単位に抽象して、その構造や体系を記述する共時論的研究についても用いられる。→音素論(おんそろん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おんいんろん【音韻論】
音韻は言語音声から意識された要素として抽出された最小の単位で,フォネームphonemeの訳語として音素と同じ意味に用いられることが多い。音素は音声の最小単位たる単音に対応する分節音素と強弱高低アクセントのように単音に対応しない超分節音素に分けられるが,このうち分節音素に限り音韻と呼ぶこともある。また中国では昔から,漢字の字音を構成する単位を音韻と称し,音韻学と呼ばれる言語音に関する学問が行われていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

音韻論
おんいんろん
phonology

音素について研究する言語学の一部門で、アメリカ言語学では音素論phonemicsとよぶ。音韻論では、(1)音素の設定、(2)音素の体系、(3)音素の結合などが取り扱われる。

(1)音素の設定。カク[kakɯ]とタク[takɯ]という語の意味の区別は、[―akɯ]という同じ音声環境に現れる音声部分[k]と[t]の相違によっている。これらの音は、より小さな連続した音声単位に分解できないから、音素である。このように、一つの音素を除いて、他の部分が同じであるような語の組を最小対立という。最小対立を捜し出すことにより、音素を取り出すことができる。サク[sakɯ]、ナク[nakɯ]、ハク[hakɯ]、マク[makɯ]、ヤク[jakɯ]、ラク[rakɯ]、ワク[wakɯ]から、音素 /s,n,h,m,j,r,w/ が求められる。ところが、キク[kikɯ]とシク[ʃikɯ]の最小対立から、音素 /k/ と /ʃ/ が得られる。さて、[s]と[ʃ]であるが、[s]のほうはサスセソの母音[a,ɯ,e,o]と結び付くのに、[ʃ]のほうは残りの母音[i]の前にだけ現れる。これを相補的分布という。相補的分布をなす類似した音声は、同一の音素に帰属するとされる。したがって、歯茎音[s]と硬口蓋(こうがい)歯茎音[ʃ]はともに無声の歯擦音であり、相補的分布をなすから、同一音素 /s/ の異音とみなされる。このように音素が具体的音声の形をとったものを異音という。

(2)音素の体系。母音 /a/ は口の開きが大きく、聞こえが大である。母音 /i/ と /u/ は口の開きが狭く、聞こえは小さい。 /i/ では舌が硬口蓋へ向かって上がるので、口の中が二分され、口腔(こうこう)に二つの小さな共鳴室ができる。このため鋭い音となる。これに対し /u/ では、舌が奥へ退き、口腔内に長い共鳴室がつくられるので、鈍い音が出る。子音 /k/ での口の開きは、子音 /t/ , /p/ に比べると、広く、聞こえも大となる。子音 /t/ では、歯茎に舌が接し、口腔内が二分されるので、鋭い音をたてるが、子音 /p/ では、唇を閉じるだけで、その奥に長い口腔の共鳴室ができる。このため鈍い音を発する。いま、聞こえの小さい音を上に、大の音を下にし、鋭音を左に、鈍音を右に置けば、

のような音素の体系を取り出すことができる。すなわち、基本的母音 /a,i,u/ と基本的子音 /p,t,k/ は、同じように三角の体系を組むことがわかる。

(3)音素の結合。英語のplay[plei]「遊ぶ」、clay[klei]「粘土」のような語には、 /pl-/ と /kl-/ という語頭の子音結合が現れるのに、 /tl-/ という結び付きはない。日本語のワの子音 /w/ は、母音 /a/ の前にしかこない。このように音素の現れる位置や音素相互の結合の仕方には、ある制限がみられる。この制限は言語により異なる。

(4)韻律的特徴。音の強さ、高さ、長さを韻律的特徴という。英語のincrease[ínkri:s]「増加」と[inkrí:s]「増加する」では、強さアクセントの位置により意味が変わる。日本語のカ「赤」とア「垢」では、高さアクセントの位置により意味が異なる。また、キタ[kita]とキイタ[ki:ta]は別な語である。語の意味を区別する音の強さ、高さ、長さの違いのなかにも、音素としての働きをみることができる。

(5)最近の生成音韻論は、音素を否定し、そのかわりに基底形をたて、これに音韻規則をかけて派生形を導く方式を考えている。たとえば、/divīn/ という基底形を設定し、名詞語尾-ityがくれば、ī→iとしてdivinity[diviniti]「神性」となり、語尾をとらなければ、ī→ai としてdivine[divain]「神の」が導き出されると説明する。

[小泉 保]

『ヨーアンセン著、林栄一監訳『音韻論総覧』(1979・大修館書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おんいん‐ろん オンヰン‥【音韻論】
〘名〙 (phonology Phonologie の訳語) 言語学の一部門。言語ことに単語を構成する要素として音声を扱う。ある言語や方言の言語音を音素という単位に抽象して、その構造や体系を記述したり、また文や単語を具体的な音声に変換するのに必要な規則を研究したりする。音韻学。音素論。→音素

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

音韻論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

音韻論の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation