@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

音頭【おんど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

音頭
おんど
民謡などで全体の進行をリードする者,またはその者が独唱する口説 (くどき) 節の名称。建築や踊りなどで,掛声でこれを指揮する者を音頭取りという。江戸時代後期に口説節が流行すると,盆踊りに取入れられ,1人が独唱し,踊り手が囃子詞を斉唱するために,その歌も音頭の名で呼ばれた。もっぱら地名をつけて,河内音頭江州音頭伊勢音頭などと呼ぶ。明治以後に作られた新民謡でも,口説でなくともこの名をつけて呼ばれることが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

音頭
おんどう
(1) 雅楽合奏において,各管楽器首席奏者のこと。「助管 (じょかん) 」の。「主管」ともいう。 (2) 雅楽の声楽声明 (しょうみょう) で,曲の最初や一段の初めの部分を独唱で受持つ者。単に「頭 (とう) 」ともいい,曲種,楽曲によって「句頭」「讃頭」などともいう。雅楽の場合,笏拍子を手に持って歌うので「拍子」ともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おん‐ど【音頭】
《「おんどう」の音変化》
多人数で歌うとき、まず一人が歌いだして調子をとること。また、その人。
多人数が歌につれて踊ること。また、その踊り・歌。「東京音頭
人の先に立って、物事をすること。また、その人。
雅楽で、各管楽器の首席奏者。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おん‐どう【音頭】
《「おんとう」とも》「おんど(音頭)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おんど【音頭】
日本音楽の用語。〈おんどう〉ともいう。雅楽では,唐楽と高麗(こま)楽において,管楽器のそれぞれ,唐楽ならば(しよう),篳篥(ひちりき),竜笛(りゆうてき)の,高麗楽ならば篳篥,高麗笛の首席奏者の称。音頭は,その楽器の声部を主導し,あるいは独奏部分を担当する。音頭以外の管楽器奏者は,助管などという。同じく雅楽の弦楽器や歌の声部にも同様の役と事柄とがあり,声明(しようみよう)などにもあるが,それらに対して〈音頭〉の語を用いることはあまりなく,それぞれ固有の名称で呼ばれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おんど【音頭】
おんどうの転
大勢で民謡・歌などを歌う時、先に歌い出して間合いや調子をとり、導くこと。
万歳や乾杯の時、先立って発声すること。
独唱と斉唱とを交互にはさむ形式の唄。のちには歌詞部分を音頭取りが歌い、他は囃子詞はやしことばだけを歌うようになった。木遣り唄・盆踊り唄など。
おんどう(音頭)に同じ。
[句項目] 音頭を取る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おんどう【音頭】
雅楽の演奏で、同一の管楽器に複数の奏者がいる場合の首席の奏者。他を助管じよかんという。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

音頭
おんど
(1)雅楽における各楽器、とくに篳篥(ひちりき)・竜笛(りゅうてき)(横笛(おうてき))・笙(しょう)の三管の主奏者、および声明(しょうみょう)における主唱者をいう。元来長老格の者があたり、合奏・合唱の主導的役割を果たす。これに対し他の者を「助音(じょいん)」という。一般に雅楽の楽曲では竜笛の音頭の独奏で始まり、「助音付所(つけどころ)」から合奏、最後は各管の音頭で「止め手」を奏すことが慣習化している。「音取(ねとり)」や「残楽(のこりがく)」は三管の音頭と琵琶(びわ)・箏(そう)で合奏され各楽器の妙技が競われる。声明では単に「頭(とう)」ともいう。音頭の独唱で始まり、「付所」から斉唱。楽器の伴奏がある場合もここで加わる。[橋本曜子]
(2)日本民謡の演奏方法の名称の一つ。声明が音頭の独唱で始まり、付所の部分から複数以上の人々の斉唱が加わるところから、広く掛合い形式の唄(うた)も音頭とよばれるようになった。したがって、大ぜいの人々の行動を統一させるための木遣(きやり)唄、盆踊り唄などに音頭形式のものが多く、それがそのまま曲名にもなった。『相川(あいかわ)音頭』『伊勢(いせ)音頭』『河内(かわち)音頭』などがそれである。ところが、盆踊唄のように、この曲名には歌って踊るものが多いことから、大正末から始まった新民謡(創作歌謡による御当地ソング)の曲名のうち、にぎやかで踊り付きのものには「○○音頭」と命名するに至った。その代表曲が『東京音頭』である。[竹内 勉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おん‐ど【音頭】
〘名〙 (「おんどう(音頭)」の変化した語)
① 雅楽の合奏で各管楽器の首席奏者。また、西洋音楽の指揮者。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「楽工一隊〈略〉音頭は壇上にありて、其節奏を令す」
② おおぜいでうたうときなどに、調子をそろえるために、先にうたいだして調子をとり、みちびくこと。また、その人。音頭取り。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浄瑠璃・用明天皇職人鑑(1705)三「諸行無常とをんどをあげば、是生滅法と付てひけ」
③ おおぜいが歌曲につれて踊ること。また、その歌曲。
※雑俳・軽口頓作(1709)「ひったもの・下手な音頭めさりとては」
④ 他の人の先に立って物事をすること。また、その人。音頭取り。
※雑俳・削かけ(1713)「きはまった・禿げのおんどで講参り」
⑤ 中世、猿楽などで正月に行なわれた松囃子(まつばやし)というものの最初の一節。
※申楽談儀(1430)松囃子の事「少々世子に問う。をんどの節、祝言に直(すぐ)成べし」
⑥ 長唄、常磐津、清元などで、一定の旋律をリズミカルに反復する曲節。また、歌舞伎陰囃子(かげばやし)で、おもに殺しの場面でうたわれる曲種。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おん‐どう【音頭】
〘名〙 (「おんとう」とも) =おんど(音頭)
※兵範記‐仁安二年(1167)九月二四日「其中円全闍梨為音頭

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

音頭
おんど
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
明治18.7(東京・桐座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

音頭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

音頭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation