@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

韻書【いんしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

韻書
いんしょ
漢字のを分類して一定の順に配列した書物総称一種発音字典にあたる。まず平・上・去・入の四声により四大別し,さらにそのなかで字音の韻の同じもの,すなわち相互に押韻可能なもの同士をひとまとめにしている。各韻ごとに代表字1字を選び韻目 (韻の名称) とする。たとえば「東,同,…,,…」をまとめて「東韻」と呼ぶ。韻の数は韻書のできた時代により異なり,隋の『切韻』は 193,宋の『広韻』は 206,『壬子新刊礼部韻略 (じんししんかんれいぶいんりゃく) 』 (平水韻) は 107,元の陰時夫 (いんじふ) の『韻府群玉』で 106韻になり,この 106韻 (ないし 107韻) がいまでも漢詩の作成などに用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いん‐しょ〔ヰン‐〕【韻書】
中国で漢字をによって分類した字書。「切韻」「広韻」「集韻」など。また、「韻鏡」「切韻指掌」などの注釈書を含めてもいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いんしょ【韻書 yùn shū】
中国で音韻関係の書物を指し,広義にいえば〈音韻之書〉であって,音韻および音韻学に関するいっさいの書として押韻字典も音節表も音韻学の研究書も韻書となる。狭義にいえば,同韻の文字を一括し,それを韻の順序に従って編纂配列した一種の字書であって,文字の発音を調べたり,詩文作成上の検索の用をなすもののことである(本項ではこの意義に限定して説明する)。〈同韻〉とは,韻母が同一であるばあいだけとは限らない。近似した韻母のばあいもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

韻書
いんしょ

漢字をその韻(字音のうち頭子音を除いた部分)によって分類、配列した字書。詩賦をつくるときなどに押韻する必要から編集されたもので、韻目を掲げて、所属字を、多くは同音ごとに反切標示のもとにまとめて列記してある。普通、中国梁(りょう)の沈約(しんやく)の『四声譜』を嚆矢(こうし)とするが、体裁が整うのは陸法言(りくほうげん)ら編の『切韻』(601)からで、韻目数は193である。その後多数の韻書が伝えられ、それら切韻系韻書を集成した『大宋重修広韻(だいそうじゅうしゅうこういん)』(1008)は206韻に分けている。しかし、音韻変化に伴い、分類の韻が実際の発音と異なってきたため、韻目を整理して107韻としたのが『壬子(じんし)新刊礼部韻略』(1252)である。これから1韻を削った106韻のいわゆる「平水韻」(詩韻)は、今日に至るまでの押韻の基準となった。そのほか『蒙古(もうこ)字韻』(1308)、『中原(ちゅうげん)音韻』(1324)などが注目される。

 一方、唐末ごろから同じ頭子音の字を縦に、同じ韻の字を横に配列した「韻図」が悉曇(しったん)学や西域(せいいき)字母の研究の影響で作成され、音韻を体系的に図式化した書が著された。『韻鏡』(10世紀ごろ成立)はその代表的なもので、43の図表からなり、頭子音を36に分類し、韻もさらに音色の違いによって4種に細分する。日本にも『切韻』『韻鏡』などが伝来し、盛んに利用された。『東宮(とうぐう)切韻』(菅原是善(すがわらのこれよし)撰)は切韻系韻書を集録したものであるが、『聚分(しゅうぶん)韻略』(虎関師錬(こかんしれん)著)や『平他(ひょうた)字類抄』など日本で撰述された韻書もある。

[沖森卓也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん‐しょ ヰン‥【韻書】
〘名〙 中国で韻文をつくるさいに脚韻をふむ参考書として、文字をその韻によって分類し、韻目の順に配列した書物。「切韻」「広韻」「集韻」「平水韻」など。また、広義には、その注釈書である「韻鏡」「切韻指掌図」「切韻指南」などをさす。
※史記抄(1477)一五「韻書には平声、上声、去声に皆雲夢と入たほどに不定ぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

韻書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

韻書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation