@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【イン】

デジタル大辞泉

いん〔ヰン〕【韻】
漢字の表す1音節のうち、頭子音を除いた部分の声調の違いによって、平(ひょう)・上(じょう)・去(きょ)・入(にゅう)の四声に分類した区別。これをさらに分けて、古くは206韻としていたが、のちに整理されて106または107韻となった。
詩歌で、同一または類似の音を、一定の位置に繰り返し用いること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いん【韻】[漢字項目]
常用漢字] [音]イン(ヰン)(慣)
言葉のひびき。また、物の出す音。「松韻神韻余韻
風流な趣。「韻事韻致気韻風韻
漢字音で、声母(頭子音)を除いた部分。韻母。「韻字韻書音韻畳韻平水韻
詩や文章で、同一または類似の音を、特定の場所に繰り返して用いること。「韻律押韻脚韻頭韻和韻
詩歌。「韻文
[補説]「韵」は異体字。
[名のり]おと

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いん【韻】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いん【韻】
詩文で、同一もしくは類似の響きをもつ言葉を、一定の間隔あるいは一定の位置に並べること。
漢字音で、頭子音を除いた他の部分。韻母。
同一の韻母、または類似した韻母をもつ漢字を分類したもの。中国の韻書における漢字分類の単位。 ⇔

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん ヰン【韻】
〘名〙
① 音声の響き。音色。
※申楽談儀(1430)音曲の心根「あなたの云をさめの字のゐんを、能能(よくよく)心えべし」 〔六書故〕
② 漢字音で、漢字一字の表わす音節の、最初の子音を除いた部分。また、それを類別したもの。声調の違いによって平・上・去・入の四声に分けられ、古くは二百余韻、のちに整理されて百余韻に類別される。前者を古韻または広韻、後者を今韻または平水韻という。また、平声に属する韻を平韻、上・去・入の三声に属する韻を仄韻(そくいん)と呼んで、二大別することもある。→四声(しせい)平仄(ひょうそく)
※源氏(1001‐14頃)賢木「難きゐんの文字どもいと多くて、おぼえある博士どもなどの惑ふ所々を」 〔南史‐陸厥伝〕
③ 文学作品とくに詩歌で、各句の頭あるいは末に反復して置かれる同一または類似の音。また、それを用いた文章。
※菅家文草(900頃)七・未旦求衣賦一首「以秋夜思政、何道済一レ民、為韻依次用之」
※俳諧・三冊子(1702)白双紙「留を韻といふ事、文字にて留るゆへ也」
⑤ おもむき。
※愚管抄(1220)三「その儘にたがえず心うべきにて有るを、つやつやとこの韻に入りて心得んとする人もなし」 〔陶潜‐帰田園居詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


いん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

韻の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation