@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

響灘【ひびきなだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

響灘
ひびきなだ
福岡県北方から山口県西方にある海域日本海の一部。西鐘崎地ノ島でかぎられ,玄界灘に続き,東は山口県北西端の角島でかぎられる。水深約 60~100mの陸棚の好漁場をなす。沿岸北九州工業地域が発達し,1968年から若松半島東部に大規模な臨海工業用地が造成された。古くから瀬戸内海沿岸と大陸を結ぶ重要な航路にあたり,沿岸の一部は玄海国定公園に含まれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひびき‐なだ【響灘】
福岡県の北東方、山口県の西方の海域。西は玄界灘に続く。冬季は季節風が強く吹く。[歌枕

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひびきなだ【響灘】
山口県西岸と福岡県北東岸で限られ,西は福岡県宗像(むなかた)の大島付近をに玄界灘に接する。《万葉集》巻十七にみえる〈比治奇(ひじき)の奈太(なだ)〉は響灘か。古来,瀬戸内海と北九州や大陸とを結ぶ交通上重要な海域で,沿岸には多くの考古遺跡がある。対馬暖流が流れ,水深は80m以浅で,角(つの)島蓋井(ふたおい)島六連(むつれ)島などが分布し,沖合は好漁場である。関門海峡に臨む下関市の彦島や北九州市沿岸には日本有数の重化学工業地帯が発達している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

響灘
ひびきなだ

日本海南西部の海域で、東側は山口県西部、南側は福岡県北部で限られ、大島(福岡県宗像(むなかた)市)を境に玄界(げんかい)灘に続く。水深は80メートル以浅で、対馬(つしま)暖流が北東流し、角島(つのしま)、蓋井島(ふたおいじま)、藍島(あいのしま)、六連島(むつれじま)、大島、地島(じのしま)などの周辺はサバ、イカ、ブリなどの好漁場となっている。響灘の南東隅は関門海峡西口で、内外の航路が集中し、北九州市、下関(しものせき)市沿岸は重化学工業地帯を形成する。冬季北西季節風が強く、船舶の座礁事故が多い。また、角島や八ヶ浜(やつがはま)、安岡海岸、三里松原など沿岸各地に風成砂丘が発達している。

[三浦 肇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひびき‐なだ【響灘】
山口県西端と福岡県北端にはさまれる日本海の海域。西側は玄界灘に接する。蓋井(ふたおい)島、六連(むつれ)島などが点在する。一帯は、サバ、アジ、イカなどの好漁場。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

響灘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

響灘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation