@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

順次【じゅんじ】

デジタル大辞泉

じゅん‐じ【順次】
(副詞的に用いて)順序に従って物事をするさま。順々。順繰り。「一番から順次面接する」
仏語。この世の次の世。来世。
年齢の順序に従い、親が死んでから死ぬこと。
「暫吾を先立てて、―の孝をもっぱらにし」〈太平記・一〇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅん‐じ【順次】
〘名〙 (古くは「じゅんし」)
① 順序にしたがって次々に物事をすること。じゅんぐり。順々。
※東寺百合文書‐る・応永三一年(1424)一二月二四日・最勝光院方評定引付「又九月晦日杲淳法印死去之間、任巡次」
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一八「小説は此三挺(ちゃう)の使命を順次(ジュンジ)に述べなければならぬ」 〔人物志‐七繆〕
② 年長者から順に往生すること。年上の者から順に死ぬこと。
※太平記(14C後)一〇「父の入道大に諫めて、暫く吾を先き立てて、順次(ジュンシ)の孝を専らにし」
③ (形動) 折目正しくきちんとしていること。また、そのさま。
※日葡辞書(1603‐04)「Iunxina(ジュンシナ) ヒト」
※神宮文庫本発心集(1216頃か)三「此の僧順次に必生死を離るべき者にて侍るを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

順次」の用語解説はコトバンクが提供しています。

順次の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation