@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

須弥壇【しゅみだん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

須弥壇
しゅみだん
堂内に仏像を安置するために,床面より高く設けられたで,須弥山を模したという。平面は普通四角であるが,八角,円形などもある。なお,古くは土製,石製で比較的簡素なものであったが,平安時代以降,堂内が板敷となるに伴い木製に変化するとともに,諸種の荘厳が加えられるにいたった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅみ‐だん【弥壇】
仏像を安置する台座須弥山をかたどったものという。一般に四角形で、重層式。須弥座

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅみだん【須弥壇】
須弥山をかたどった壇ので,仏堂内で仏像群や厨子(ずし),宮殿(くうでん)などを安置し荘厳(しようごん)する壇。古代には切石,(せん)または木造で壇上積(だんじようづみ)基壇と呼ばれる形を用いた。石造では床面に地覆(じふく)を置き,(つか)を立てて上縁に(かつら)をめぐらし,間に羽目を入れる。羽目に格狭間(こうざま)や浮彫を付したり,地覆下に蓮座を置くもの,上面に波文塼を敷くものもあった。木造も同様で,上下に框(かまち)を張り,この間に束を立て羽目板をはめ,上縁に高(勾)欄をめぐらす。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

須弥壇
しゅみだん

仏殿内で仏像や仏龕(ぶつがん)を安置するため設けた高い壇。仏像の台座の一つである須弥座と同義である。帝釈天(たいしゃくてん)の住むという須弥山(しゅみせん)をかたどったもので、須弥山形の上に仏像を安置するのは、古くインドでも行われていた。四角、八角または円形の、一重か二重の壇で、多くは上縁には勾欄(こうらん)がある。奈良時代までは仏堂が土間であったため、須弥壇も石造や漆食(しっくい)造で、低いものが多い(法隆寺夢殿八角壇、新薬師寺の円形漆食壇、薬師寺や唐招提寺(とうしょうだいじ)金堂の石造矩形(くけい)壇)。平安時代になると仏堂の板敷にあわせて須弥壇も木造となった。普通は上下の框(かまち)の間に束(つか)を立て、束と束の間に板をはめ、格狭間(こうざま)が設けられるが、密教建築では壇が高く、上に厨子(ずし)が設けられることが多い。また平等院鳳凰堂(ほうおうどう)や中尊寺金色堂などは漆塗りに蒔絵(まきえ)・螺鈿(らでん)などを施し、金銅の飾り金具を使用した豪華な遺品である。鎌倉時代には、宋(そう)風に倣って繰形(くりがた)を多く使用し、細かい段を重ねて腰細にした禅宗様の形式が生まれた。その代表例は建長寺のもので、腰部の蹴込(けこ)みには獅子(しし)や唐草(からくさ)が彫り出され、上縁には禅宗様独特の勾欄が置かれている。

[佐藤昭夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

須弥壇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

須弥壇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation