@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

須恵【すえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

須恵
すえ
熊本県南部,人吉盆地の中央北部にある地域。旧村名。 2003年上村,免田岡原村,深田村と合併し,あさぎり町となった。米のほかメロン,タバコ肉牛を産する。 1935~36年アメリカの文化人類学者 J.F.エンブリーがこの地で日本の農村の実態調査を行ない,それをもとに著わした『須恵村』 (1939) で有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

すえ【須恵】
福岡県北西部、糟屋かすや郡の町。かつて炭鉱町として栄えた。福岡藩窯の須恵焼窯跡がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

須恵
すえ
熊本県南東部、球磨(くま)郡にあった旧村名(須恵村(むら))。村名は平安末期創設の須恵荘(しょう)による。現在は球磨郡あさぎり町の北端部にあたる地域。2003年(平成15)免田(めんだ)町、上(うえ)村、岡原(おかはる)村、深田村と合併し、あさぎり町となる。須恵の地名はあさぎり町内の旧須恵村区域に残る。旧須恵村地区は、南半は球磨川水系の形成した沖積低地ならびに阿蘇(あそ)溶結凝灰岩の丘陵地(人吉(ひとよし)盆地)、北半は四万十(しまんと)層群の山地(九州山地北部)からなる。南端近くをほぼ東西に球磨川が流下し、その両岸に水田地帯が開けているが、区域の70%余は林野である。産業の中心は農林業にあり、スギの育成に力を注いできた。第二次世界大戦前の日本農村の典型として、この村の名を著書『SUYE MURA』によって世界に広めたシカゴ大学の社会人類学者ジョン・F・エンブリー夫妻の住居跡は、いまも日本を訪れる外国人学者の立ち寄り先の一つになっている。[山口守人]
『J・F・エンブリー著、植村元覚訳『日本の村――須恵村』(1978・日本経済評論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

須恵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

須恵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation