@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

須臾【しゅゆ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

須臾
しゅゆ
muhūrta, kṣaṇa
インドの時間の単位で,muhūrtaが 48分にあたり,kṣaṇaは「刹那 (せつな) 」と音写されて,一瞬のこと。したがって臾は,「しばし」と「一瞬」の両意に用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅ‐ゆ【×臾】
短い時間。しばらくの間。ほんの少しの間。「須臾も忘れず」「須臾の命」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅ‐ゆ【須臾】
〘名〙
① (muhūrta の音訳「牟呼栗多(むこりた)」の訳に当てられた漢語。一昼夜の三十分の一。または kṣaṇa の音訳「刹那」の訳ともされる。短い時間を表わす) 仏語。しばらくの間。すこしのひま。しばらく。しばし。暫時。
※正倉院文書‐天平二〇年(748)一一月二〇日・久米熊鷹解「以十月二十五日得腹病、須臾間無休息時
※浮世草子・近代艷隠者(1686)一「須臾(シュユ)にして、うるはしき小童と化して」 〔中庸‐第一章〕
② 数の単位の一つ。非常に小さい数の単位で、10-15 にあたる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

す‐ゆ【須臾】
〘名〙 わずかの時間。瞬時。しゅゆ。
※基督教の美(1897)〈柏井園〉「須臾(スユ)の身を以て悠々たる歳月を送迎し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

須臾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

須臾の関連情報

関連キーワード

リンドグレーンムハージルーンラージーニルソンファン・デル・ワールスの状態方程式フィンランド文学

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation