@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

預所【あずかりどころ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

預所
あずかりどころ
荘園制で,領家に代って下司公文下級荘官を指揮して土地住民年貢などの管理にあたる荘官。また,江戸時代,幕府大名けて,その行政,年貢徴収を委託した直轄地預地 (あずかりち) ともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あずかり‐どころ〔あづかり‐〕【預所】
平安末期以後の荘園制で、荘官(しょうかん)の一。領主に代わって下司(げし)公文(くもん)などの下級荘官を指揮し、年貢徴集や荘地の管理などにあたった上司(じょうし)。あずかりしょ
預かり地」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あずかりしょ【預所】
江戸幕府の直轄領のうち,近接した大名・旗本もしくは遠国奉行に管理を委託した土地。預地(あずかりち)ともいう。もともと戦国大名の給人預け地としての蔵入地にその原型をおいており,豊臣政権諸大名の領内に設定した太閤蔵入地の一部を引き継いだものである。江戸幕府は,これをしだいに代官支配地に変更しており,1713年(正徳3)には一時全廃したものの,20年(享保5)にふたたび復活した。29年には,会津藩12万石,福井・高田藩10万石,新発田・長岡藩6万石,鶴岡・姫路藩4万石など,奥羽・北陸地方の譜代大名を中心に約60万石,佐渡奉行など遠国奉行が13万石余に及び,合計で幕領地総石高の約6分の1を占めている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

あずかりどころ【預所】
荘園を統括管理する職掌。鎌倉末期の法書《沙汰未練書》には〈預所者本所御領所務代官也〉とある。それまでの定使(じようし),検校(けんぎよう),専当(せんとう)などに代わり,12世紀はじめころ,職(しき)の体系にもとづく中世荘園の確立にともなって出現する。本所の補任を受け,預所(つくだ),預所給田,預所名(みよう)などの給分を荘内に与えられる。しかし現実の預所の存在形態はきわめて多様である。まず在京預所在荘預所がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

預所
あずかりどころ

荘園(しょうえん)管理機関の一つ。「あずかっしょ」とも読み、「中司(ちゅうじ)」ともいう。領家(りょうけ)(領主)の代理者として下級荘官(公文(くもん)、下司(げし))を指揮し、荘地の管理や年貢、公事(くじ)の収納をつかさどった。発生期の荘園には単に「預(あずかり)」とよぶものがあり、専当(せんとう)や検校(けんぎょう)と並んで荘園を管理した。寄進地系荘園では、寄進者である領主や地主が預所に任命されて、それまでどおり実質的に荘園を管理する場合があった。寺領荘園では初め寺僧が、平安後期からは在地の武士が預所に任命されることが多くなった。預所の得分(とくぶん)は一定しないが、給田(きゅうでん)や佃(つくだ)を与えられた。とくに訴訟の場合に領家の代理となるものを雑掌(ざっしょう)といった。

[阿部 猛]

『阿部猛著『日本荘園史』(1972・大原新生社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あずかり‐しょ あづかり‥【預所】
〘名〙
① 荘官の一つ。荘園領主に代わって、下司(げし)、公文(くもん)などの在地の下級荘官を指揮して、年貢徴収など荘園経営の実際の仕事をした。雑掌(ざっしょう)。あずかりどころ。あずかりそ。
※吾妻鏡‐建仁二年(1202)五月三〇日「停止預所土肥彌太郎遠平、被筥根山
② 江戸時代、諸藩や寺院が幕府の委託により管理した幕府領地。預地(あずかりち)。→御預所(おあずかりしょ)
③ (「あずかりじょ」とも) 駅や遊覧地などで荷物や自転車を預かる所。
※彼女とゴミ箱(1931)〈一瀬直行〉自転車預り所「商ひだをれをするより、逸早く資本のかからない預(アヅカ)り所(ジョ)に変ってしまふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あずかり‐どころ あづかり‥【預所】
※頓要集(14C後‐15C前)五一「預所 アツカリトコロ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

預所
あずかりどころ
荘園領主に代わって荘務を執行する上級荘官
(げし) ・公文 (くもん) など下級の在地荘官を指揮する。一般に寺領においては寺僧が任命されているが,寄進地系荘園では寄進者やその子孫が預所として任される場合もある。得分は一定ではなく,給田を持つものもあった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

預所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

預所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation