@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

領家【りょうけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

領家
りょうけ
荘園制における荘園の所有者をいい,特に三位以上の荘園領主をさした。荘園に対する公法上の支配関係を意味する場合は,本所することもあった。また荘園を権門寺社などに寄進してその保護を仰ぐようになると,この権門勢家を本家と呼ぶのに対して,自分のほうを領家と称した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りょう‐け〔リヤウ‐〕【領家】
古代末から中世にかけての荘園領主の称。平安中期以後、在地の領主が有力者の保護を得るために名目的に土地を権門勢家に寄進した場合、その寄進を受けたものを本所といい、寄進者を領家という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りょうけ【領家】
古代末期~中世の荘園領主呼称。(1)下(げし),公文(くもん)などの荘官と区別された荘園領主一般をさし,本家本所などと同義的に用いられた。例えば,《御成敗式目》第6条の〈国司領家の成敗,関東御口入(おんくにゆう)に及ばざる事〉という規定は,鎌倉幕府の支配地域以外の領域を,国司と領家に代表させているが,この場合の領家は,国司=国衙領(公領)との対比から,荘園領主一般を意味していたと考えるべきである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りょうけ【領家】
荘園制における荘園領主の称。特に三位以上の位階をもつものをいう。
荘園領主が名義上の上級領有者をつくった場合、それを本家・本所といい、実際上の領有者である自らをいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

領家
りょうけ
荘園(しょうえん)制における荘園領主の称。領家は荘園から一定の経済的得分(とくぶん)を得た。これを領家職(しき)といい相伝された。領家は経済的権益を得るかわりに荘園の不輸・不入権を確保し外部からの侵略を阻止していく義務があった。
 領家には二義がある。(1)領家を本所(ほんじょ)または本家(ほんけ)とも称する場合。『式目新編追加』に、「諸国御家人跡(ごけにんあと)、領家進止(しんじ)タルノ所々、御家人役事」として、「御家人相伝所帯等、本所進退タリトイエドモ、サセル誤リナク改易セラレルニオイテハ、先度ノ御教書(みぎょうしょ)ノ旨ニ任セテ子細(しさい)ヲ申サルベキナリ」とあって、領家と本所とは同意義に用いられている。『式目抄』にも「本所トハ領家也(なり)。元来ノ領主ヲ云(いう)也」とある。(2)領家が荘園の諸権益を確保するために、さらに寄進契約を行って権門を上級支配者と仰ぐ場合、上級支配者を本所あるいは本家と号した。この場合、領家と本所あるいは本家とは上下の支配関係に置かれ、領家は本家に次ぐ地位にある領有者をさすことになる。たとえば肥後(ひご)国鹿子木(かのこぎ)荘の場合、大宰大弐(だざいだいに)藤原実政(さねまさ)は同荘の開発領主の子孫から「権威ヲ借ランガ為メ」といって寄進を受けて領家となったが、実政の末流願西(がんせい)は、「国衙(こくが)ノ乱妨(らんぼう)ヲ防ガズ」とこれを鳥羽院(とばいん)の皇女高陽院(かやいん)内親王に寄進して、同内親王を本家と仰ぎ、領家得分を割いて本家に納めることにしている。また、領家は本家の預所(あずかりどころ)としての地位にたつことになるところから領家を預所とよぶこともあった。[奥野中彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りょう‐け リャウ‥【領家】
〘名〙 古代末・中世の荘園領主。本所・本家と対比してよぶときは、先に荘園領主であった者が上級権力者に荘園を寄進して本所・本領として形式的にその下に属し、荘園からの収益権を保持する者をいう。
※高野本平家(13C前)一二「国は国司にしたがひ、庄は領家(リャウケ)のままなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

領家
りょうけ
寄進契約によって名目的な荘園領主となった貴族寺院などの権門勢家
領家は寄進者に対し不輸・不入権を確保するなどその荘園を保護した。その代償として一定の報酬を年貢の形で収得したが,これが領家職の内容である。こうしてできた荘園を寄進地系荘園というが,領家が荘園の保護を十分に果たせないときにはさらに上級の者に名目的な寄進を行うことがあった。その上級の荘園領主が本家(本所)である。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

領家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

領家の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation