@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

領巾【ひれ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

領巾
ひれ
比礼とも書く。大化改新前から奈良時代にかけて用いられた女性装身具の一つ。両肩に掛けて左右へ垂らした長い帯状布帛 (ふはく) 。奈良時代以来,装飾として礼服,朝服に使用され,平安時代に入って,一般には用いられなくなったが,女房装束として晴れ着には裙帯 (くんたい) と合せて着用された。地はで,色は白や (はじ) だん,楝 (おうち) だんが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひれ【領巾/肩巾】
上代、害虫・毒蛇などを追い払う呪力を持つと信じられた細長い薄布。
古代の服飾具の一。女性が首から肩にかけ、左右に垂らして飾りとした布帛(ふはく)。
鏡台の鏡をふくときに用いた布帛。
式用の(ほこ)などにつける小さい旗。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひれ【領巾】
古代に女子が首にかけ,左右に垂らして用いた一条の布。,比礼,肩巾とも記す。5尺から2尺5寸のや紗などを,一幅または二幅に合わせてつくった。古くは男女ともに着用したものらしく,〈比礼掛る伴男〉の語が大祓祝詞に見え,また《延喜式》には元日や即位の儀に,隼人(はやと)が緋帛五尺の肩巾を着用して臨むとある。《古事記》に天日矛あめのひぼこ)招来宝物として,振浪比礼(なみふるひれ),切浪比礼(なみきるひれ),風振比礼(かぜふるひれ),風切比礼(かぜきるひれ)が見え,また須佐之男命が,須勢理毘売(すせりびめ)から比礼(へびのひれ),呉公蜂比礼(むかではちのひれ)を得てこれを振り,蛇やムカデ,ハチの難を逃れた話が見える。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

領巾
ひれ

古代の衣服の一つ。両肩に後ろから掛けて前に垂らす一幅(ひとの)または二幅(ふたの)仕立ての布帛(ふはく)。肩巾、比礼とも書かれる。領巾の揺れるさまに呪術(じゅじゅつ)的意味を感じたようで、『古事記』に、天之日矛(あめのひぼこ)が持ちきたれる物は振浪(なみふる)比礼、切波(なみきる)比礼、振風(かぜふる)比礼、切風(かぜきる)比礼など宝物が8種あったとあるのもその一例である。『万葉集』にも歌われているが、『日本書紀』天武(てんむ)天皇11年(682)の条に「膳夫(かしわで)、采女(うねめ)等の手繦(たすき)、肩巾(ひれ)は並び莫服(なせそ)」とあって廃止され、養老(ようろう)の衣服令(りょう)に規定はないが、『延喜式(えんぎしき)』縫殿寮の巻の年中御服の条中宮の項、鎮魂祭の項その他に領巾が掲げられ、ふたたび用いられた。平安時代の宮廷女子の正装に裙帯(くたい)とともに着用されたことが、『西宮記(さいぐうき)』『北山抄(ほくざんしょう)』『紫式部日記』『枕草子(まくらのそうし)』などにより知られる。

[高田倭男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

領巾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

領巾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation