@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

頭に来る【アタマニクル】

デジタル大辞泉

頭(あたま)に◦来(く)る
怒りで興奮する。かっとなる。「ばかにされて―◦来た」
酔い病毒に回る。また、気が変になる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あたまにくる【頭に来る】
かっとなる。ひどく腹が立つ。とさかにくる。
(病毒や酔いが頭にまわって)錯乱する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あたま【頭】=に[=へ]来(く)
① 怒りや悲しみや驚きなどのために、頭に血がのぼる。かっとなる。のぼせる。逆上する。
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉三「あの時はいつになく頭に来ましてね」
② 酔いや病毒などが頭にまわる。
※巡査(1902)〈国木田独歩〉「この酒は決して頭へ来るやうな酒ぢゃア御座いませんから」
③ 気が変になる。
※マイクとともに(1952)〈藤倉修一〉マイクこぼれ話「外地からの引揚者で、結婚に失敗し子供を亡くしているとかで、頭にきたものらしい」
④ 意識にのぼる。思い出す。
※大道無門(1926)〈里見弴〉一番鶏「ふとあたまへ来たのは、目を覚ますすぐ前までみてゐたやうな気のする夢だった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頭に来る」の用語解説はコトバンクが提供しています。

頭に来るの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation