@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

頭光【ズコウ】

デジタル大辞泉

ず‐こう〔ヅクワウ〕【頭光】
光背の一。頭部の後ろにある円光

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つむり‐の‐ひかる【頭光】
[1754~1796]江戸後期狂歌師。江戸の人。本名宇右衛門。別号桑楊庵(そうようあん)・2世巴人亭。江戸日本橋亀井町の町代で、蜀山人師事狂歌四天王の一人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

頭光 つむりの-ひかる
1754-1796 江戸時代中期-後期の狂歌師。
宝暦4年生まれ。若いころ一筆斎文調浮世絵をまなぶ。大田南畝(なんぽ)に入門し,天明狂歌の四天王のひとり。寛政8年4月12日死去。43歳。江戸出身。は岸。之。通称は宇右衛門。別号に桑楊庵,巴人亭(2代)など。画号は一筆斎文笑。著作に「菟道園(うじのはなぞの)」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

つぶりひかる【頭光】
1754‐96(宝暦4‐寛政8)
江戸後期の狂歌師。通称は岸宇右衛門,別号は桑楊庵,2世巴人亭。画号は文笑。日本橋亀井町に住み町代を務めた。狂歌は四方赤良(よものあから)(大田南畝)門。四方連とも本町連とも記され,のち伯楽連の中心人物。天明狂歌四天王の一人。編著は《狂歌上段集》《晴天闘歌集》など。〈ほととぎす自由自在に聞く里は酒屋へ三里豆腐屋へ二里〉(《万代狂歌集》)。【森川 昭】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ずこう【頭光】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ずこう【頭光】
光背の一。仏像の頭部の背後にある、光を造型化した円輪形の装飾。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つむりのひかる【頭光】
1754~1796 江戸後期の狂歌師。本名、岸宇右衛門。別号、桑楊庵・二世巴人亭。日本橋亀井町の町代。狂歌四天王の一人。宿屋飯盛やどやのめしもりらの伯楽連の中心人物。編著「才蔵集」「狂歌上段集」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とうこう【頭光】
ずこう頭光

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ず‐こう ヅクヮウ【頭光】
〘名〙 仏菩薩、またはそれらの仏像の頭部うしろにある光の輪。
※大鏡(12C前)三「この院は、御むまにて、いただきに鏡いれたるかさ頭光にたてまつりて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つむり‐の‐ひかる【頭光】
狂歌師。本名岸識之、通称宇右衛門。別号、桑楊庵・二世巴人亭。江戸日本橋亀井町の町代をつとめた。狂歌四天王の一人と称され、晩年には伯楽連の中心となった。着想の奇警を特色とし、「才蔵集」の編集にも参画。著「狂歌四本柱」など。宝暦四~寛政八年(一七五四‐九六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐こう ‥クヮウ【頭光】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頭光」の用語解説はコトバンクが提供しています。

頭光の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation