@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

頭取【とうどり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

頭取
とうどり
(1) 歌舞伎劇場楽屋庶務を担当する役。昔は劇界の故実を心得た古老の俳優がつとめ,楽屋入口近くの頭取部屋にいて事務をとった。おもな仕事としては,毎日の支払い経費の配分,代役の選定,諸掲示,紛争の処理,終演時に舞台へ出て「今日はこれぎり」という切口上 (きりこうじょう) を述べることなどであった。現在は称だけ残り,舞台事務所に勤めて雑務をする係をさす場合がある。 (2) 雅楽では音頭のこと。 (3) では舞の小鼓のリーダーのこと。 (4) 銀行の長。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とう‐どり【頭取】
音頭を取る人。転じて、集団のかしら。頭領。
銀行などの首席の取締役。その代表者として業務執行に当たる。
雅楽で、合奏の際の各楽器の首席演奏。特に、管楽器でいう。音頭(おんどう)。
歌舞伎で、「翁(おきな)」「三番叟(さんばそう)」を上演するとき、小鼓方三人のうち、中央に座る主奏者。
歌舞伎劇場で、楽屋のいっさいの取り締まりをする役。また、その人。古参役者から選ばれ、楽屋入り口の頭取座に詰めた。今は庶務係化している。楽屋頭取
相撲で、力士をまとめ、取り締まる人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうどり【頭取】
〈頭取〉の語は,雅楽の音頭(おんどう)(管楽器の主席奏者),能楽の頭取(《翁》の小鼓方の率者)から転じて頭(かしら)に立つ人の意に用いられる。相撲で力士を統轄し興行に参加する者や,銀行,会社の代表取締役のこともいう。歌舞伎では劇場の楽屋内の職掌の一つ。一番太鼓のころに出勤し,楽屋入口に近い頭取座,着到板の前に控え,病気休演や舞台事故の処置,無用な者の楽屋立入りの監視,仕切場からの化粧料,日払い,焚捨の配分,終演時に観客に対し〈切口上〉を述べるまで,一切の楽屋進行や取締をする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうどり【頭取】
が原義
頭だつ者。長たる人。
銀行などの代表者となり、その職務をなす者。代表取締役を兼ねているのが普通。
劇場などで、楽屋のすべての取り締まりに当たる者。
相撲で、力士を取り締まり、興行に参加する人。
音頭を取る人。
雅楽で、管楽器の首席奏者。
能楽または歌舞伎の「三番叟」で、小鼓を奏する三人の鼓方のうちの中央の奏者。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

頭取
とうどり
雅楽、能楽、歌舞伎(かぶき)の演奏に際し主奏者となる人、あるいは音頭(おんど)をとる人、音頭取をいう。転じて、江戸時代に至っては一般に頭(かしら)だつ人をいう。たとえば、火消し人足や鳶(とび)の者などの集団の長である人、首領、頭目をさす。このほかに、とくに楽屋頭取や相撲(すもう)の年寄をいう場合もある。前者は、歌舞伎劇場で楽屋いっさいの総取締り役をする名題(なだい)下の役者の呼称で、楽屋2階への階段の反対側に設けられた一段高い所にあった「頭取座」に控え、大切りには口上を述べるなど、中心的な働きをし、物わかりよく、顔の売れた古参の役者がこれを務めた。後者は、相撲興行にあたって、力士を統轄する者をいう。現在では、銀行や会社、組合などの取締役の首席で、その代表者となって業務執行の任にあたる者をいう。[棚橋正博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あたま‐とり【頭取】
〘名〙 売買その他で、なかに立った者が代金や賃金の一部を取ること。上前取(うわまえとり)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐どり【頭取】
〘名〙
① 音頭を取る人。音頭取。
(イ) 雅楽の合奏で、各楽器特に、管楽器の首席演奏者。音頭(おんどう)
※楽家録(1690)一三「調子一名品玄、奏楽毎調始奏之、畧之時音取也 〈略〉至于終句之法、絃管共頭取一人奏終之
(ロ) 能楽・歌舞伎で「翁(おきな)」「三番叟」を演奏するとき、小鼓方三人のうちの中央の主奏者。小鼓方の統率者。
※四座役者目録(1646‐53)「子へ、忝も、観世の頭取、不相替仰付
② 転じて、一般に頭(かしら)だつ人。
(イ) 集団の長である人。首領。頭領。頭目。かしら。
※三河物語(1626頃)一「信忠も聞召て、其中に頭取(トウトリ)之族を御手討に被成ければ」
(ロ) 歌舞伎劇場で、奥役の下に楽屋内の庶務の取締りを兼ねる役者。名題下の役者ではあるが、物わかりよく顔の売れた古参の役者が選ばれた。その詰めている所を頭取座という。楽屋頭取。
※浮世草子・嵐無常物語(1688)上「頭取(トウドリ)に断りいひて帰りさまに」
(ハ) 相撲で、力士を統轄して興行に参加する者。年寄。
※古今相撲大全(1763)下本「頭取は、往古禁廷にて、相撲番行はせ給ふとき、相撲長と称するもの是なり」
(ニ) 銀行・会社などで、取締役の首席で、その代表者となって業務執行の任に当たる者。
※大新ぱん浮世のあなさがし(1896)「会社の頭取が其会社の事を知らぬがある」
(ホ) 議長。
※英政如何(1868)五「ミニストル方の組は下院に於ては、スピーケル(頭取)の椅子の右側に坐し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頭取」の用語解説はコトバンクが提供しています。

頭取の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation