@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

頭文字【かしらもじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

頭文字
かしらもじ
initial
欧文の文章や語,また姓名などの固有名詞の最初の大文字イニシアル。姓名の頭文字は略署名として各種のサインに用いられる。印刷,美術用語としては,欧文の書籍,装飾写本の本文中の章,編などの最初の文字。特にほかの文字よりも大きく,色彩やさまざまの形象,模様によって複雑に装飾化されている場合をいう。最古の例は古代末期 (5世紀) の装飾写本中に見出され,メロビング朝以後になって特に発達した。8世紀初めのアイルランドの写本やカロリング朝時代の写本には,頭文字だけで1ページに及ぶ,いわゆるイニシアル・ページもある。ゴシック時代には,小さな連続模様で囲まれる形式のものが好まれた。印刷術発明後も,しばらくは頭文字だけが手書きにされた。しかし印刷術の発達とともにその芸術的な重要性はしだいに失われ,19世紀後半にウィリアム・モリスをはじめとするアール・ヌーボーの芸術家たちによってその復興が試みられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かしら‐もじ【頭文字】
欧文で、姓名のつづりの最初の文字。かしら字。イニシャル。
欧文で、文章の始まりや地名・姓氏などの固有名詞の最初に使う大形の字体キャピタル。大文字。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かしらもじ【頭文字】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かしらもじ【頭文字】
欧文で、文頭や、固有名詞の初めなどに用いる大文字。かしらじ。キャピタル。
ローマ字で書いた姓名の最初の大文字。イニシャル。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かしら‐もじ【頭文字】
〘名〙 欧文で、姓名などの固有名詞、または、文章の最初の字。イニシャル。かしらじ。
※倫敦塔(1905)〈夏目漱石〉「階段を上って行くと戸の入口に T.C. といふのがある。是も頭文字丈で誰やら見当がつかぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頭文字」の用語解説はコトバンクが提供しています。

頭文字の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation