@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

頭脳【ズノウ】

デジタル大辞泉

ず‐のう〔ヅナウ〕【頭脳】
脳。脳髄。あたま。
あたまの働き。知力。「頭脳のすぐれている人」「頭脳明晰(めいせき)」「頭脳集団」
ある集団を代表する、すぐれた働きをする人。「我が社の頭脳ともいうべき人物」
特にすぐれた知能の持ち主。「海外への頭脳の流出が続く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ずのう【頭脳】
脳。脳髄。
物事を見分ける知力。物事を適確に判断する力。 すぐれた-をもつ -明晰めいせき
団体などの中心になって働く人。首脳。 組織の-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ず‐のう ヅナウ【頭脳】
〘名〙
① 脳。脳髄。また、あたま。
※保元(1220頃か)上「我聞、恵亮砕頭脳、備清和帝祚、尊意振智劔、加刑罰将門」 〔後漢書‐酷吏伝〕
② 物事を識別したり判断したりする力。あたまのはたらき。知力。
※仏国風俗問答(1901)〈池辺義象〉男職工「日本の職工のごとく頭脳鋭敏ならねども」
③ 集団の中心になっている人。首脳。
④ すぐれた知能を持った人。
※現代経済を考える(1973)〈伊東光晴〉II「その判断は大学に持ちこまれることが多かった。そこに判断する最高の頭脳がいたからである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頭脳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

頭脳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation